婚活マスターが地方婚を指南 「落ち着いた男は北に、やんちゃな男は南にいる」

写真拡大

 幸せになれる恋をしたい女子のみなさま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。バレンタインで成立したカップルを横目で見ながら、改めて彼を探したい人も多いのではないでしょうか。

 では、どこに行けば出会いやすいのか。昨今のトレンドと効率よく動く方法をお知らせしたいと思います。

◆地方婚活に行ってみたら…意外と悪くない!

 まずオススメしたいのが、去年2016年辺りから新しい婚活スタイルとして数を増やしてきた、地方に赴く婚活ツアー。地方在住の独身男性のもとに首都圏から女性が赴いてお相手探しをするスタイルのもので、テレビ番組「ナイナイのお見合い大作戦」(TBS系)を思い浮かべると分かりやすいかもしれません。

 私も去年実際のツアーに同行取材したのですが一泊二日のツアーならではメリットを体感しました。その第一は、「2日間という長い時間一緒にいるので素の自分が出しやすく、かつ、素の異性が見えやすいこと」。

 ありがちなお見合いパーティーだとどうしても、パッと見の印象や人当たりのいい男性に人気が集中しがちですが、ツアーだともう少し人柄まで踏み込んで出会える印象を受けました。

 2つ目のメリットは「将来を見据えたお相手選びがしやすいこと」でした。長時間一緒にいることと関係するのかもしれませんが「将来どんな風に暮らしたいか」にまで踏み込んでいきがちなので、女性も覚悟を決めやすい。

 特に私が同行したツアーは、男性参加者が一次産業に携わる人たちだったので、暮らしぶりを説明する中で、「この人とだったらこういう生活を送れそう」というイメージがしやすかったのかもしれません。

 さらに、都会で婚活をしていると女性はどうしても年齢を意識せざるを得なくなりますが地方に赴く婚活では、参加男女の平均年齢が「男性アラサー」「女性アラフォー」のパターンがあります。しかもそれでいて、取材例では半数近くがカップルになっていましたので、年齢にナーバスになり過ぎる必要はないかもと感じました。

 とはいえ、メリットばかりではなくて、当たり前ですが「地方在住の男性と実際にどう付き合っていくか」とか、「その土地になじめるのか」……など課題はあるでしょう。

 実際に嫁いだ人たちも、かなり悩みながら関係を進めて行っていましたし、それらの障害を乗り越えられず、破局に至った例もあります。但し、今現在、出会いに行き詰まっている女性には確実になんらかのヒントは得られるのではと感じました。

◆落ち着いた男性は北方面、やんちゃな男性は南方面にいる!

 では、実際に地方に行ってカップルになるにはどうすれはいいのでしょうか? 多くの地方婚活に同行して、婚活指導をしている婚活マスターの高橋聰典さんに伺いました。

「僕は2016年までに12地域の婚活ツアーに同行したのですが、傾向として北方面のツアーに参加する女性はアクティブで陽気なタイプが多く、南のツアーに参加する女性はおしとやかなタイプが多かったですね。一方、北に住んでいる男性は静かで落ち着いたタイプが多く、南在住の男性にはシャキシャキしてやんちゃな人が多い。

 ツアーでは、北の静かな男性のところにアクティブな女性が赴いて、やんちゃな南の男性のところにおしとやかな女性が訪ねるパターンが多かったんですが、この組み合わせがもしも逆だったら、さらにカップル率が上がったんじゃないかという印象を持ちました。というのも、同じ属性を持つ同志のほうが話やノリがあって、カップルになりやすい面があるからです。

 そこで、女性の皆さんには余り行ったことのない土地に行こうという観点で行き先を選ぶのではなく、自分にあいそうな人のいる場所を選ぶ意識を持つとより婚活が成功しやすくなるのではないでしょうか」

 つまり「経験のない場所」に向かうよりも「今の自分としてなじめそうな場所」を選ぶと、より成功に近づきやすい……。

 というのも、私たちはどうしても「日常生活では出会えないタイプ」に憧れて、新しい顔を探してしまうけど、実際に相性が良いのは「自分と似たタイプの男性」。だから、「自分と共通点のある異性を探してみよう」というのは心にとどめたいアイデアです。地方に赴く婚活を勧めたいのは、こんなふうに婚活を考え直すきっかけになりやすいから。

 出会いがない! と行き詰まりを感じている人には参考にしていただければと思います。

<TEXT/にらさわあきこ>