写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)と日本マイクロソフトは3月24日、企業向けのハイブリッドクラウド基盤の共同開発・営業連携のため、2017年4月より協業を開始すると発表した。

両社は協業の下、「Enterprise Cloud」と「Microsoft Azure」をシームレスに統合したハイブリッドクラウドサービスを共同開発・提供する。

具体的には2017年4月より、NTT Comが「Azure Site Recovery」「Azure Backup」「Azure Virtual Machines」「Azure Storage」を「Enterprise Cloud」のオプションとして提供開始する。

NTT Comが提供する管理ポータル「CMP」によるハイブリッドクラウド環境の一元管理、契約からサポートまで一元窓口対応が可能となるほか、今後は、AIを活用したビッグデータの分析機能など、「Microsoft Azure」のPaaSを順次「Enterprise Cloud」のオプションとして加えていくという。

また、NTT Comの企業向けICT基盤運用管理サービス「Global Management One」の対象サービスに「Microsoft Azure」(IaaS)を2017年4月1日より追加する。

これにより、複雑になりがちな日々の運用業務や、サイトリカバリの定期リハーサルなどのBCP対策までをトータルにアウトソースすることで、運用負荷軽減を含むTCO削減が可能となるとしている。

そのほか、NTT Com が提供する各種ネットワークおよびアプリケーションサービスとMicrosoft Office365を連携させるなど、中堅・中小企業に向けたOffice365による働き方改革ソリューションを提供する。

(辻)