キヤノンのコーポレートロゴ

写真拡大

 【LOGOS〜企業や製品の顔となるロゴの歴史を追う】1934年、あるカメラの試作機が誕生した。名称は「KWANON(カンノン)」。製品として日の目を見ることはなかったが、開発した「精機光学研究所」はその後、世界的なメーカー「キヤノン」として大きな発展を遂げた。

 最初の「Canon」ロゴは、35年に商標登録された。本格的にカメラを発売するため、世界に通用するブランドが必要になることがきっかけだった。

 精密機器メーカーにとってふさわしい「聖典」「規範」「標準」という意味があるほか、発音が「カンノン」に似ていたことが採用の決め手。「ヤ」が大きいのは、見た目のバランスを考え、きれいに見えるようにしたためだ。

 キヤノン渉外本部コーポレートブランド推進部の花田一成部長と同部の斉藤厚志副部長、同部ブランド推進課の芳賀可奈子さんによると、当時、小さい「ャ」が一般的にあまり使われていなかったことも、大きな「ヤ」を使う理由なのだという。

 現在のロゴは、56年に制作されたデザインが原型。内側に折れた「C」の先端が円の中心を指しているほか、全体が相似を計算した形になっている。ロゴの色は、「たゆまぬ情熱の証」を示す独自色「キヤノンレッド」だ。

 海外では、特徴的な「C」のデザインが日本的に見える場合も。ニューヨーク近代美術館は「日本の書の精神が入っている」として、キヤノンのロゴが入ったポスターを永久収蔵している。

 キヤノンは現在、カメラ市場をリードする立場になったが、「もっといいものを作り続けたい」と3人は口をそろえる。長い歴史のなかで培ってきた技術を磨き、今後も、「カンノン」に込めた「世界で最高のカメラを創る夢を実現したい」という思いを追い続ける。

■会社データ

企業名:キヤノン

所在地:東京都大田区下丸子3-30-2

創立:1937年