「ローグ・ワン」C-3PO&R2-D2登場シーン

写真拡大

全世界興行収入1,193億円を叩き出したスター・ウォーズ プロジェクト劇場公開最新作「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のMovieNEX初回限定版(4,200円/税別)が、4月28日に発売される。また、ファン垂涎のMovieNEXプレミアムBOX(13,000円/税別)も数量限定で同時発売が決定。さらに先行デジタル配信は4月19日よりスタートする。

そしてこのたび、「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」からエピソード7にあたる「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」まで、“スター・ウォーズ”サーガ全話に登場する唯一の大人気キャラクター、ドロイドのC-3POとR2-D2が、「ローグ・ワン」に登場する本編クリップ映像が解禁となった(https://www.youtube.com/watch?v=O0cVmQYN0Og)。

今回解禁となった映像は、ジンを始めとする反乱軍がダース・ベイダー率いる帝国軍との最終決戦の地となる惑星スカリフへ赴く直前のワン・シーン。

出撃前の張り詰めた緊張感の中、「スカリフへ行くって? なぜ誰も言ってくれないR2?」と、参加できないことに愚痴をこぼすかのように“相棒”のR2-D2に語りかけるおしゃべりなC-3POと、その姿をなだめる様子のR2-D2のコミカルなやりとりを収めている。スリリングな展開の中にもユーモアが垣間見える「スター・ウォーズ」ならではのシーンで、さらに、“スター・ウォーズ”サーガの名セリフ「フォースと共にあれ」も、意外な形で聞くことができる貴重な本編クリップ映像となっている。

なお、本作にはC-3POとR2-D2のほかにも、おなじみのキャラクターたちが多数登場。MovieNEXのブルーレイ特典ディスクに収録されているボーナス映像には、それらのキャラクターの登場の秘密はもちろん、初めて明かされる制作秘話など、1時間13分にも及ぶ映像を収録しており、本編を楽しんだ後もさらに作品を楽しむことができる。

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」は、4月28日にMovieNEX発売、4月19日より先行デジタル配信開始。