もち米で手軽に作れる!「春色桜餅」の作り方

写真拡大

春を感じさせる和菓子といったら「桜餅」ですよね。関東風や関西風など種類がありますが、今回は身近な材料で手軽に作れる「春色桜餅」のレシピをご紹介します。このレシピでは、もち米を炊飯器で炊いて、あんこも市販のつぶあんを使用しています。

【 写真入り記事は関連記事 「元記事」 からチェック! 】

■ 材料(8個分)

・もち米…1合
・水…1合
・砂糖…大さじ1
・つぶあん…160g(1個分は20g)
・桜の葉の塩漬け…8枚
・食紅…適宜

■ 作り方(調理時間:30分)

◎ STEP1:もち米を水に浸す

もち米は研いで多めの水に3時間ほど浸します。

◎ STEP2:もち米を炊飯器で炊く

もち米をザルに上げ、水気を切ってから炊飯器に水と一緒に入れます。そこに少量の湯で溶いた食紅を加え、全体を混ぜ普通に炊飯します。

◎ STEP3:ご飯を潰す

炊き上がったご飯は10分ほど蒸らしたら熱いうちに砂糖を加え、すりこぎで適度に潰します。

◎ STEP4:桜の葉の塩抜きをする

桜の葉の塩漬けは水に10分ほど浸した後、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。

◎ STEP5:あんこを分ける

1個分の分量のつぶあんを固まりにして分けます。

◎ STEP6:ご飯であんを包む

8等分にした1つ分のご飯を丸く平らにして、つぶあんを乗せて包み俵形に丸めたら、桜の葉で包みます。手に水を付けながらご飯を扱うと作りやすいです。

◎ STEP7:完成!

お皿に盛り付けたら完成です。

■ 作り方のコツ

食紅の量は、炊くときの水の色がほんのり淡いピンクになるくらいが良いでしょう。また、ご飯の潰し加減はお好みで加減してください。ぜひ参考にしてくださいね。

(image by 筆者)
(著:nanapiユーザー・なつぼう)