北朝鮮外務省の軍縮・平和研究所のリ・ソンイル研究者が23日、韓国が「同族対決策動に執着し続けるなら、いつまでも手先の哀れな境遇から脱することはできない」とする論評を発表した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、韓国の大手紙である中央日報が、「トランプ行政府が米国・南朝鮮同盟の等級を米国・日本同盟より低いものに認めた」とする記事を掲載したと指摘。

また、「南朝鮮のかいらいが受けた冷遇と蔑視は当然なことである」としながら、「自分のはっきりした定見や『政策』もなく、自分の境遇もわきまえずに米国の指揮棒と下手な巫女の占いによって動く操り人形の役を演じてきたからである」と主張した。

そのうえで、「誰が統一の敵であり、民族の主敵なのかも見分けられず、米国の対朝鮮敵視政策に便乗して同族対決策動に執着し続けるなら、いつまでも手先の哀れな境遇から脱することはできない」と強調した。