「キム課長」ナムグン・ミン&2PM  ジュノ、遂に一つに

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「キム課長」のナムグン・ミンと2PMのジュノが、いよいよ一つのチームになった。

昨日(23日) 夜、KBS 2TV水木ドラマ「キム課長」(脚本:パク・ジェボム、演出:イ・ジェフン、チェ・ユンソク) 第18話が韓国で放送された。

この日の放送で、キム・ソンリョン(ナムグン・ミン) は、ソユル(ジュノ) を救うのに成功した。家に帰る車の中で、キム・ソンリョンは「ありがたいだろう? ありがたくて申し訳ないだろう?」と言って「ありがたければ、ありがたいと言いましょうよ」と話した。これに対しソユルは恥ずかしがり、ぶっきらぼうに軽く「ありがとう」という言葉を連発した。

キム・ソンリョンは「こうやって虚しく自首してはいけない。理事がみな濡れ衣をかぶれば、会長がいい仕事をさせるのではないのか?」と話し、ソユルは「絶対に虚しく自首しない」と答えた。

「俺たち、こんな風に引き下がったらダメだ」というキム・ソンリョンの話に、ソユルは「いつから君と俺が“仲間”になったんだ?」と尋ねた。キム・ソンリョンは「理事が良くて仲間になったのではない」として、会長のせいでソユルが刑務所に入ってはいけないからだと説明した。