ナムグン・ミン主演ドラマ「キム課長」視聴率17.0%で水木ドラマの1位をキープ!

写真拡大

「キム課長」が水木ドラマの視聴率ランキングで首位を再びキープした。

24日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、23日に韓国で放送されたKBS 2TV「キム課長」は17.0%(全国基準) を記録した。これは前回(17.4%) より0.4%下落した数値であり、同時間帯の1位にあたる。

「キム課長」に続き、SBS「師任堂(サイムダン)、色の日記」は10.0%で2位を記録した。これは前回(9.4%) より0.6%上昇した数値だ。この日、MBC「自己発光オフィス」はMBCニュース特報のため、15分間遅れて放送された。

3位はMBC「自己発光オフィス」だ。「自己発光オフィス」は前回(3.8%) より1.4%ポイント上昇した5.2%を記録した。

「キム課長」の視聴率は小幅下落したものの、「師任堂(サイムダン)、色の日記」と「自己発光オフィス」は上昇した。「キム課長」の独走の中で「師任堂(サイムダン)、色の日記」と「自己発光オフィス」は奮闘した。今後水木ドラマの視聴率ランキングにどのような風が吹くかに関心が集まっている。