ジャパンマテリアル、BrightSignのOPS準拠サイネージプレーヤー「BrightSign HD-OPSシリーズ」を発売

写真拡大

BrightSign HO523

ジャパンマテリアル株式会社グラフィックスソリューション事業部は、同社が取り扱うデジタルサイネージプレーヤーBrightSignシリーズの最新ラインナップとしてOPS規格に準拠したディスプレイ内蔵型サイネージプーイヤー「BrightSign HD-OPSシリーズ」を2017年3月24日に発売開始した。希望小売価格はオープン。

BrightSign HD-OPSシリーズは、ディスプレイ背面のスロットに装着でき、プレーヤーの設置場所を気にせずにサイネージを構築可能。HDMIケーブルでディスプレイとの接続が不要で、電源も内部のスロットより供給できるため、電源ケーブルも必要ない。

BrightSign専用「WiFi Beaconモジュール」にも対応しているため、プレーヤー内部に搭載してWi-Fi経由でコンテンツを更新可能。また、クラウド型ネットワークソリューション「BrightSignNetwork.jp」を利用して、複数のプレーヤーを遠隔地から管理することも可能だ。主な機能は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • H.265/H.264ビデオデコード機能搭載
  • 最大出力解像度:1080p60
  • 10-bitビデオ出力(H.265)対応
  • HTML5サポート