安田レイ、初の“泣ける”失恋ソング「きみのうた」5月に発売 

写真拡大

 安田レイ、待望のニューシングル『きみのうた』が5月24日に発売されることが決定した。

安田レイ 関連画像

 この曲は、TVアニメ『夏目友人帳 陸』のエンディングテーマにも決定している1曲。大切な人との別れを通し、喪失と再生を描いた、シングル曲としては自身初となる、泣ける失恋ソングに仕上がっている。

 エンディングテーマ決定を受け、安田レイは「この曲は、これまで経験してきた別れを思い出しながら歌いました。主人公の貴志が沢山の別れを乗り越え成長して行く姿と重ね合わせながら聞いて頂き、作品と共に好きになって頂けたら嬉しいです。」とコメント。

 また、同時に公開されたアートワークは、デジタルシングル「Classy」に続き、雑誌『NYLON JAPAN』と共に手がけたもの。本人の表情や空気感からは、切ない世界観を楽曲より一足先に感じられる内容となっている。なお本曲は、自身が務めるラジオ番組『CITY GIRLS MUSIC』にて3月25日にオンエア解禁する。
 
さらに、公式サイトにてデビュー4周年を記念した、名古屋ブルーノートでのライブを発表。自身が初めてワンマンライブを行なった名古屋で、自身の楽曲はもちろん、安田レイのルーツとなった名曲たちのカバーをこの日限りのスペシャルアレンジで楽しめるスペシャルな一夜になりそうだ。


◎リリース情報
2017年5月24日(水)発売
シングル『きみのうた』
<通常盤>CDのみ/通常JK仕様
1,200円/SECL-2161
<期間生産限定盤>CDのみ/アニメJK仕様
1,300円/SECL-2162

◎公演情報
【安田レイ ライブ@名古屋ブルーノート】
2017年7月2日(日)名古屋ブルーノート