写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ASUS JAPANは24日、薄型軽量の着脱式2in1 PC「TransBook」シリーズの新モデルとして、CPUに第7世代Intel Coreプロセッサを採用した「ASUS TransBook T304UA」を発表した。スペック違いで4モデルをそろえる。4月中の発売を予定し、スタンダードモデルの希望小売価格は税別89,800円。

背面にキックスタンドを備えた12.6型ディスプレイに、脱着式のキーボードカバーが付属した2in1デバイス。キーボードは85キーの日本語配列、1.4mmのキーストロークと19,24mmのキーピッチを確保する。本体の薄さは8.85mmで、素材にマグネシウム合金を採用することで、約830gの軽量ボディを実現した。

また、スタイラスペン「ASUS Pen」が標準で付属する。1,024段階の筆圧検知をポートし、繊細なタッチから勢いあるタッチまで手書きの描画が可能だという。このほか、指紋センサーを搭載。Windows 10の生態認証機能「Windows Hello」に対応する。

スタンダードモデルの主な仕様は、CPUがIntel Core i3-7100U(2.4GHz)、メモリがLPDDR3-1866 4GB、ストレージが128GB SSD、グラフィックスがIntel HD graphics 620(CPU内蔵)、ディスプレイが12.6型フルHD(2,160×1,440ドット)、OSがWindows 10 Home 64bit。希望小売価格は税別89,800円。

また、CPUをIntel Ccre i5-7200U(2.5GHz)、メモリを8GB、ストレージを256GB SSD、イルミネートキーボードカバーに強化した「T304UA-7200」が税別164,800円。さらにストレージを512GB SSDにアップグレードし、Microsoft Office Home & Business Premiumプラス Office 365サービスが付属した「T304UA-72512S」は税別164,800円。

最上位モデル「T304UA-7500S」は、CPUがIntel Core i7-7500U(2.7GHz)、メモリが16GB、ストレージが512GB SSD、イルミネートキーボードカバー、Microsoft Office Home & Business Premiumプラス Office 365サービスが付属して税別199,800円。

通信機能がIEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1。インタフェースは、USB 3.1(Type-C)×1、USB 3.0×1、HDMI×1、カメラ(前面:192万画素/背面:768万画素)、SDXC対応microSDカードスロット、マイクロホン/ヘッドホン×1など。

本体サイズと重量は、W298.8mm×D210.1mm×H8.85mm/約830g。キーボードカバーと組み合わせたときのサイズと重量は、「T304UA-7100」がW299.1mm×D222.9mm×H13.85mm/1,184g、それ以外がW299.14mm×D222.8mm×H13.85mm/1,170g。