写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の小栗旬(34)が主演を務める関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(4月11日スタート、毎週火曜21:00〜21:54)の公式ブログで24日、民放連続ドラマで初共演を飾る小栗旬と西島秀俊(45)が撮影初日の様子を語る動画がそれぞれ公開された。

同ドラマの公式ブログはアメブロにて3月15日からスタート。撮影現場に密着する中で入手した秘蔵オフショット写真や秘話などの情報を発信していく。

この日は、撮影初日を終えた小栗と西島からの動画コメントがそれぞれ公開。衣装のまま登場した小栗は「初日だけでもすごい大変なので、この先すごく大変だと思います」と、ドラマの見せ場でもあるアクションシーンについての苦労を明かすも、「自分もとても楽しい日々が過ごせそうとワクワクしてます」と、この先の撮影へ期待を寄せた。

西島も「クランクイン初日からものすごいアクションでスタートしたんですけど、みなさんクルーのすごいシーンが撮れたと思うんでこの作品今から本当に楽しみです」と、撮影初日から手ごたえを感じていたり、ドラマのスタートを楽しみにしている様子だ。

公開された動画に、ファンから「最高」「動画コメントがうれしすぎて泣きそうです〜〜〜〜」「うっとり」「カッコよすぎで何度も見ちゃいます」「2人ともカッコイイ!!」「小栗さん西島さんとか神コンビでしかない」「オフショットって感じでドキドキ」「やばぁぁい旬さまかっこいい!!」「貴重な動画、ありがとうございます」「かっこよすぎるコンビに期待!」とファンからは喜びの声が寄せられている。

同ドラマは、直木賞作家・金城一紀が原案・脚本を手がけた、1話完結型のアクションエンターテインメント。各分野のスペシャリストが集結した警察庁警備局長直轄の秘密部隊・公安機動捜査隊特捜班の活躍を描く。小栗は元自衛隊員の捜査員・稲見朗役、西島は真面目で常にストイックな捜査員・田丸三郎役をそれぞれ演じる。