写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ギークな独身男性のお友達「Gatebox」
日本マイクロソフトは2017年3月22日、15周年を迎える世界最大の学生向けITコンテスト「Imagine Cup 2017」の国内予選大会と、10周年目となるスタートアップ企業向けコンテスト「Innovation Award 2017」を都内で開催した。本稿ではInnovation Award 2017で各賞を受けた参加チームの内容を報告する。

日本マイクロソフトは2017年3月22日、学生向けITコンテスト「Imagine Cup 2017」国内予選大会と、スタートアップ企業向けとなる「Innovation Award 2017」を同時に開く「Innovation Day 2017」を都内で開催した。本稿ではInnovation Award 2017に参加した13チームから各賞を受けた参加チームの内容をご報告する。

○ギークな独身男性のお友達「Gatebox」

まずPR TIMES賞及びオーディエンス賞を受けたウィンクルの「Gatebox」は、好きなキャラクターと一緒に暮らせるバーチャルホームロボット。

箱形の筐体(きょうたい)にキャラクターを映し出し、各種情報を取得して利用者に天気予報など生活に必要な情報を伝えるパートナー的存在として、自分自身を含む多くの独身男性向けに作ったと担当者は語る。YouTubeにコンセプト動画を公開したところ再生数は200万回以上に達し、その7割以上が海外からのアクセスだという。

構造としては筐体にカメラやマイク、人感や温湿度、照度といったセンサーを取り付け、取得したデータを画像認識や顔認識、音声認識処理をnode.jsから制御。その結果としてUnity上でキャラクターを動かしている。

担当者は「1台30万円で予約販売を受け付けたところ、初日で100台。目標台数だった300台は1カ月で達し、完売した」という。AI(人工知能)部分はクラウドAIプラットフォーム「Clova」との連携により、豊かな表現を目指す。審査員からの単調になるのでは、という疑問に対しては「いかに悪ふざけするかに長けた15人のメンバーがそろっている」と抱負を述べた。さらに今後は、ユーザー体験の完成度が一定に達したら英語版などの他言語展開も視野に入れているという。

○食をテクノロジーで変える「マイソースファクトリー」

サムライインキュベート賞を受けたオルターブースの「マイソースファクトリー」は、健康寿命の延長が社会的課題と捉えて生活習慣から"食"を技術で変えようという試みだ。

具体的には"かぼすポン酢""和風たまねぎドレッシング"などベースとなるソースを選択し、ポン酢であればそこに醤油(しょうゆ)風味や酸味、甘み、果汁などを配合。さらにかつお・昆布風味を追加することでコクと旨味が増すという。一見すると味がバラバラになりそうだが、担当者によれば、各パラメーターの合計値は最大数を設けているため、味のバランスを崩さす料理に活かせるそうだ。

担当者の説明によると、米国では2014年頃から「FoodTech」というキーワードで"食"をテクノロジーで進化させる市場が拡大中だそうだが、日本国内には同様の市場があるという話は寡聞にして知らない。この観点から見るとマイソースファクトリーの取り組みに興味を覚える読者諸氏も少なくないだろう。同サービスは2017年3月に始まったばかりのため、データは少ないものの、将来的には購買情報を元にユーザーへ"塩分控えめ"など健康を優先したリコメンド機能や、大量に発生する廃棄野菜を利活用した地域活性化などを目指す。

●ロボットが得た「触覚」も自分の手に再現
○ロボットによる船外活動を現実にする「GITAI」

SLUSH Tokyo賞&Tech in Asia賞を受けたMacroSpaceの「GITAI」は、ロボットが得た触覚を同期させる特殊なグローブを用意して、遠隔作業の可能性を追求するソリューションだ。

例えば遠隔操作するロボットが何かに触れた場合、その感触をグローブにフィードバックし、数値に基づいてグローブの収縮などで人間に伝えるという。担当者は「インターネット回線経由で『瞬間移動』ができる。人的リソースを安全に移動させるには、その身体を増やせばよい」と語る。つまり、物理的に身体を増やすのではなく、制御可能なロボットのフィードバック情報を取得すればよいという発想だ。

技術的にも興味深い。WebRTCやWebSockなど汎用的なプロトコルは五感の同期に最適ではないとの理由からUDPベースの独自実装を行った。さらにリアルタイム性を最優先させるため、人間-ロボット間のデータ通信はP2Pストリーミングで構築し、パケットロスは機械学習で補完する。また、アイトラッキング技術を用い、視野の中心以外の解像度を落としデータの最適化を図る試みも実験中という。

担当者はビジネス展開として、大型建造物の点検作業や宇宙での船外活動など人間に危険が伴う作業の代替を目指す。なお、担当者は日本人初となるシンギュラリティ大学のGlobal Solution Programへ参加が決まっており、「(シンギュラリティ大学はシリコンバレーのNASA基地内にあるため)渡米した時はNASAの方々にヒアリングしたい」と述べていた。

○65,536人分の"踊ってみた"を実現「Swipe Video」

弥生賞を受けたAMATELUS「Swipe Video」は、バレットタイム撮影を応用し、被写体が中心になる動画を作成できるソリューション。

一般的な360度撮影は撮影者が軸に映像を作成し、スワイプ操作で視点が変わるものの、Swipe Videoは複数のスマートフォンやデジタルカメラで撮影して、被写体を中心に視点が変わる動画を作成できる。類似するサービスとしてYahoo! JAPANの「擬似3D画像」が存在するものの、AMATELUSのプレゼンテーションでは「擬似3D画像は3.2MB/秒、Swipe Videoは0.4MB/秒。解像度3倍以上でデータ量は8分の1」と独自開発したストリーミング配信手法をアピールした。

もう1つのアプローチとして、"逃げ恥ダンス"のように、多数のユーザーが同じダンスを踊る動画にも利用できる。前述した独自技術で最大65,536人分の投稿に対応し、スワイプでユーザーが切り替わる"踊ってみた動画"の作成が可能だ。

スマートフォンからLINEボットに動画を投稿すると、Microsoft Azure上で動画を追加し、結果をURLとしてLINEボットに投稿する。この流れで1つのコンテンツをみんなで作ることが可能になるという。実際に使ってみたくなるものの、Swipe Videoはクラウドサーバーの従量課金や電波環境の悪い展示ブースなどに向けたローカル配信システムで、法人向けサービスとして販売するという。角川アスキー総合研究所と連携した自社クラウド組み込みライセンス販売で収益化を目指す。

○VR&AR活用の新医療ヘルスケアサービス「HoloEyes VR」

Orange Gab賞及びSupernova賞、そして優秀賞に輝いたのはHoloEyesの「HoloEyes VR」は、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)医療関係者同士のコミュニケーション&データ提供を行う医療ヘルスケアサービスソリューションである。

一般的な医療の現場では人間という立体構造(3D)を医療機器で撮影(2D)し、それ見た医者が脳内で3D化というプロセスを経ているが、ならば最初から3DのVRマップ化すればよい、という発想から成り立っている。

3DデータはMicrosoft Azure上に蓄積し、スマートフォンなどからもアクセス可能。Microsoft HoloLensで3Dデータも確認できるため、さまざまな利活用が期待できる。HoloLensでは本ソリューションで手術経験のデジタル化や、3Dデータのライブラリー化を目指すものの、運営方法としては、病院ごとの3Dデータ参照を有料とするプライベートデータと、患者からの同意を得て広めることに価値がある症例などを無償公開するパブリックデータと、2つのアプローチを用意した。その場合CTスキャンがない国でも症例の参照が可能になるという。

●特殊合金で作られた繊維でパワーアップ
○人の動きを再現する人工筋肉スーツ「WIM Studio」

そして、TECH LAB PAAK賞及び最優秀賞+日本航空アントレプレナー賞に輝いたのは、WIM Studioの「WIM suits」。

特殊合金からなる繊維状の人工筋肉を収縮させることで着衣者に動きを、胸部の前後埋め込まれた4つずつの振動子を用いることで胸部の動きを伝達することで、身体の動作情報を直接共有するスーツである。人工筋肉をベースにしているため、衣類のように日常的に利用することが可能だ。

本製品の開発に至ったのは、米国でフィジオセラピーを受けているメンバーの負担を材料や医療工学、そして技術の力で解決できないか、という発想から始まっている。

直近の実験では、Microsoft Kinect 2で初期動作の3Dモーションデータを取得し、データベースの内容をスーツにダウンロードすることで、リハビリテーションやスポーツトレーニング、高齢者の動作補助などさまざまな場面に利活用できるという。

さらに興味深いのがダンス練習への応用。一般的にダンスは声と鏡という原始的手法で習得しているが、本製品を使えば筋肉の動きを補助できるため、新たな習得システムの構築も可能になりそうだ。現時点では未実装だが、将来的には屈曲センサーをスーツに組み込むことで、スーツ単独の3Dモーションデータ取得を目指す。さらにスーツから運動データの自動アップロードというコンセプトもあるという。

○テクノロジーは人と寄り添う存在に

今年も数多くのスタートアップ企業がInnovation Awardにチャレンジし、興味深いアイディアを元にしたソリューションが披露された。思い出すのが昨年開催のInnovation Award 2016最優秀賞に輝いた筑波大学 人工知能研究室の「bioSync」。他者と神経を接続して両者の運動感覚を共有するウェアラブルデバイスだが、Imagine Cup 2017の優秀賞に輝いた「Walky」「NeuroVoice」と共に、人間に対するアプローチが高く評価される傾向にある。この流れが裏付けるのはITテクノロジーが単なる計算機から、人と寄り添う存在になりつつあるということだ。今から来年のInnovation Day 2017が待ち遠しい。

阿久津良和(Cactus)

(阿久津良和)