戸建て、マンションを問わず中古住宅のリノベーションの人気が高まっています。耐震性や安全性を担保した上で、新築のように蘇らせる手法、古さを活かしながら新しさと個性を同居させるなど多様な手法があるようです。

1

クルマの場合、中古車をベースにドレスアップ、チューニング、あるいは旧車を部品取りして乗り続ける、キャンピングカー化するなどのケースもありますが、クルマのリノベーションは、住宅ほど定着、あるいは「意識」されていないのではないでしょうか。

ランクル、ハイエースの新車、中古車販売、カスタマイズで知られるフレックスが3月22日に発表した「Renoca(リノカ)」は、「リノベーションカー」を由来とするカスタマイズカー。

カスタマイズといっても主に中古車(一部新車を含む)を新車のようにリノベーションし、自分らしくデザインするのが特徴で、4月からオーダーを受け付ける(受注生産)としています。

「Renoca」は、現在でも高くデザインが評価されている日産パオや日産ラシーンのコンセプターを務めた坂井直樹氏(慶應義塾大学教授)をはじめ、最前線で活躍する国内外のカーデザイナーをデザインチームに迎えることで独自のデザインを実現したそうです。

独自性を演出するべく、ボンネットをはじめとするリノベーションパーツも開発・製造することで、従来の印象とは全く違ったクラシカルなデザインや、ポップなデザインのモデルを展開。

発表時に用意されているのは、ランドクルーザーとハイエースの中古車(ハイエースのみ新車ベースも可)をベースとしてデザインされた4車種となっています。

「Renoca」のサイトでは、リノカをつくる体験が可能なシミュレーションページを設置。ボディカラー、フロントフェイス、タイヤやからホイールまで、自分好みのクルマを製作して、実際にそのモデルの見積もりまで出せるようになっています。

ファッションに合わせたインテリアコーディネート、サーフボードやスノーボードを簡単に収納できるスペース。家族揃って快適に車中泊が楽しめる室内空間など、好みにマッチした「Renoca」をオーダーすることが可能です。

日本の「平均車齢」は、近年延びていて最近では8年を超えているそうですが、それでも世界の多くの国や地域と比べると車齢も走行距離も短い方だと言われています。

エコカー減税などによる買い替え策に乗るのも一手ですが、古いクルマを好みの仕様に直して乗るカーライフもアリのような気がします。

(塚田勝弘)

【関連サイト】

Renoca
https://www.flexnet.co.jp/renoca/

クルマのリノベーション!? ランクル、ハイエースの中古が蘇る「Renoca(リノカ)」って何?(http://clicccar.com/2017/03/24/456761/)