YOSHIKI インタヴュー:X JAPANは挑戦し続ける、灰になるその瞬間まで

写真拡大 (全10枚)

世界への挑戦、メンバーの脱退、バンドの解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳。壮絶なツ砲燧イ魏山擇脳茲蟇曚┐討た、彼らの挑戦の軌跡。ドキュメンタリー映画『WE ARE X』は、米マディソン・スクエア・ガーデン公演の舞台裏に密着しながら、結成後30年以上に渡り生み出されてきたX JAPANの壮絶な歴史を紐解いていく。

1982年、その個性的なヴィジュアルと音楽性で日本の音楽シーンに衝撃を与え、社会現象を生み出した伝説のバンド、X JAPAN。近年では米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン、カーネギー・ホール、英ロンドンのウェンブリー・アリーナ公演など、文字通り世界を股にかけて活動するモンスターバンドだ。

バンドの中心的存在であるYOSHIKIの破壊的なドラムと、刹那的な美しさをたたえたピアノの旋律が内在する稀有な音楽性。国内のロックバンドはもちろん、ジョージ・マーティン、マリリン・マンソン、KISSなどの世界的ミュージシャンをも魅了し、これまでに3千万枚以上のシングルとアルバムを売り上げている。

なぜ今、X JAPANの音楽と物語が世界を熱狂させ、共感を呼んでいるのか? YOSHIKIが語った。


(C)2016 PASSION PICTURES LTD.

-本作は、スティーヴン・キジャック監督率いるハリウッドで製作されましたが、本作の映画化はどのようなプロセスだったのですか?

最初、アメリカのエージェントからオファーをいただいたのですが、最初は「無理です」とお断りしたんです。あまりにも悲しみの多い物語なので、正直無理だと思ったんです。でもそれから数年経ち、ニ佑蕕諒語で誰かの心を救うことができるんじゃないか?イ辰道廚せ呂瓩董△修譴覆蕕笋辰討澆茲Δなって考え直したんです。

ただし、「監督とプロデューサーを選ばせてほしい。それ以降は全て任せるので」という条件を出しました。僕は、監督はX JAPANを知らない人がよかったんですよ。僕らのことを知っていると先入観が入るし、そうすると良いインタヴューもできない。日本人の監督でもよかったのだけど、日本人で僕らのことを全く知らない人はいないのではないかと思って。とにかく全く知らない人に撮ってほしかったんです。それで、ハリウッド映画として製作しようという話になりました。実際の制作が始まった最初の頃は僕もぎこちなかったですね。心の扉を一気には開けられなかったので。

-映画化にあたり、つらい記憶を掘り起こす作業は勇気と覚悟が必要だったと思います。イ修譴任眞かの救いになるならイ箸い思いが胸のうちにあったのですね。

そうですね。僕は先週までずっとロンドンにいたのですが、監督とインタヴューを受けている時、監督から「この映画を見て自殺を思いとどまったという人からメッセージがあった」と聞いて。その時も、やっぱりやってよかったなと思いました。

-監督がX JAPANの熱狂的なファンじゃなかったことで、X JAPANの歩んできた壮絶な道のりを、誰もが共感できるようなより普遍的な物語として描くことができたのかなと思います。完成した作品をYOSHIKIさんはどのようにご覧になりましたか?

最初は、ほぼ涙で見られなかったんですよ。衝撃が強くて、「え、何だったんだろう?」みたいな。たまたま僕らは音楽家だけど、これはある一つの人生、人間の物語なんだなって、そういうものを感じましたね。

-音楽ドキュメンタリーというよりは、人間ドラマですよね。しかも本当に起こったことなので、真実の物語に宿るパワーも凄まじくて。

そうなんですよね。もしこれがフィクションの物語だったら、脚本家に「これ、ちょっとやりすぎだよ」って言うでしょうね(笑)。でも、全て実際に起こってしまったことなんです。僕らの人生の脚本。イ覆鵑討いΦ嗚椶鮟颪い討れたんだイ辰道廚辰討靴泙い泙靴燭諭

-冒頭、YOSHIKIさんは死について語られていますね。父親の死、メンバーの死。ご自身も幼い頃から体が弱かったということもあり、死というものを身近に感じて生きてきた。死について考えざるを得ない人生だったのだなということがひしひしと伝わってきたのですが、YOSHIKIさんの死生観とは?

時代はもちろん変わるけど、人は基本的に死にますよね。あと何年生きるかわからないけど、明日のために今のこの瞬間を犠牲にするのはやめよう、そう思って生きています。明日がないかもしれないなら、今この瞬間を思い切り生きよう。今日も生きたから、明日も生きる。その繰り返し。そういう感覚が強いですね。

セ瓏イ箸いΩ斥佞砲魯優ティブな雰囲気があるけど、それは誰にでも必ず訪れるもの。だったらその訪れる瞬間まで、またはその瞬間に、「自分はやるべきことを全部やったのか?」って問い続けることが大事なんだと思います。
 
-劇中で、「バンドは家族だ」と語られています。それと同時に、ファンのことも大きな家族の一員のように思っている姿がとても印象的でした。

僕らがX JAPANとしてデビューする前ですが、当時の僕らのスタイルは、すんなりと受け入れられるような状況じゃなかったんです。特に業界の人たちからは総攻撃にあっていたんですよ。ライヴハウスでコンテストに出ると、「評価に値しない」と言われ、点数さえつけてもらえなかった。今思うと、逆にそれがよかったんだと思うんですけどね。ただ、支持してくれる人たちだけは周りにどんどん増えていったんです。彼らがいてくれたおかげで、「自分たちは間違っていない」って確信を持てたんです。どんなに叩かれても、支持してくれる人たちが、どんどん増えていって、ついにはファンの人たちがライヴハウスに入りきれなくなっていった。デビュー前から、ファンたちが僕らに自信をくれていたんです。

この映画のタイトル『WE ARE X』っていうのは、ファンの人たちも含めてWEイ覆鵑任后Xイ睫妓造硫椎柔という意味なので、みんなでこのバンドを作ってきたんだなって気がしているんです。


(C)2016 PASSION PICTURES LTD.

-今では日本のみならず、熱狂的なファンの方々が世界中にたくさんいます。世界から支持されるバンドになれた理由は、ご自身ではどのように分析されているのですか?

日本のファンの方々がずっと応援してくれたことは大きいと思います。X JAPANのファンって自ら外に発信してくれるんです。そのおかげで世界に広まっていったと思うんですよね。初めて海外の方からメッセージを頂いた時もびっくりしました。「何で知ってるの? どこでどうやって知ったの?っ」って。

-劇中でKISSのジーン・シモンズが、「X JAPANがアメリカで生まれていたら、世界一のバンドになっていたかもしれない」と言っていました。シモンズが言う通り、ロックンロールの言語は基本的に英語ですが、X JAPANはその壁をどんどんぶち破っていきました。その原動力って何だったのでしょう?

やっぱり反骨精神ですかね。僕はずっとクラシック音楽をやってきたんですが、父親が自殺で亡くなった時、行き場のなくなった思いをどうすることもできなくて、毎日のように泣き喚いて、そこでロックと出会ったんです。泣いていいんだ、叫んでいいんだ、壊していいんだって。ロックというもので、今の感情を正当化できるんだなって。それでロックの世界に入ったんです。

もちろんロックにも色々なジャンルがあって、その中には決まりごともあって。でも、僕はそれら決まりごとがすごく嫌だったんです。イ修鵑覆料管壊しちゃえばいいじゃんイ辰道廚辰討い拭それが後にヴィジュアル系って呼ばれるようになりました。「ヘヴィな音楽やってるんだから、もっと男らしい格好してよ」と言われたりすると、逆な格好をしたくなったり。そういうのも全部、反骨精神だったんですよね。

ジーン・シモンズが言ってくれたことはとても嬉しいんですが、僕らは過去形じゃなくて進行形です。だからこれから先も、その場所に行き着けないと思っていないんです。


(C)2016 PASSION PICTURES LTD.

-映画では過去を振り返るシーンが多いですが、YOSHIKIさんがこの先の景色を見据え、決して癒えることのないツ砲燧イ鮗け入れながら前に進んで行く姿が印象に残っています。

生きてく中で、ツ砲燧イ肋辰┐覆い鵑世覆辰討海箸どこかでわかったんですよ。イ海僚は癒えないんだなイ辰討匹海で気づいた。そうであれば、共存して生きていくしかないなって。それと同時に止まりたくない。止まった時点で僕はダメになってしまう。走り続けるしかない、挑戦し続けるしかない。そういう風に思うようになったんです。

-どれだけ体がボロボロになっても、ドラムを叩き続け、ピアノを弾き続けている姿でその思いがよく伝わってきます。

僕はよく、デ鵬イ辰童斥佞鮓にしますけど、自分の体も含めてデ鵬イ靴討靴泙辰燭鵑任垢茲諭それはどこかで、心の中の痛みを相殺するために、敢えて体を痛めつけたのかもしれない。心の痛みに比べたら、体の痛みなんて何でもないっていう感じなんです。


(C)2016 PASSION PICTURES LTD.

-そういうYOSHIKIさんのザさァ△箸いΔ茲蠅ゼ紊亨イ眛睚颪靴匿覆鵑任い姿が、ファンたちの共感を誘う部分なのかもしれませんね。

本当に100%強い人なんて、この世の中にいないと思うんですよ。みんな不安と自信の瀬戸際を歩いている。ただ、僕は少しだけでもいいから、1%でもいいから、ポジティブな方、自信の方に向かっていきたいって思うんですよ。そうやって生きてきたんです。

-映画製作の過程は、自分の人生を辿り直すような作業だったのですね。

もちろん、僕らの歴史はつらい思い出だけではなく、楽しい思い出もある。良い意味で昔のノスタルジックに浸れた部分もあったんですよ。

HIDEが亡くなった時、僕はロサンゼルスで精神科医のようなところに通って、全て洗いざらい医者に話すセラピーを受けていたんです。今回のインタヴューも、お医者さんと話している感覚に近かったかもしれません。僕らが次の章に向かうために、通らなきゃいけない道だったんじゃないかって今は思います。

逆にそこまでさらけ出したことで、自信にもつながっていったのかもしれない。僕は音楽に関してだけは絶対的な自信があったんです。それは今でもあります。だから海外はもちろんどこにいても、色々な人たちに攻撃された時期も、鳴らしている音楽にだけは自信があった。でも、それだけじゃここまで来られなかったと思うんです。


(C)2016 PASSION PICTURES LTD.

-確かに楽しかった思い出もたくさん収められていますね。Toshlさんとの幼馴染の会話だったり、今だからできる会話も聞くことができました。

Toshlとは同じ数学の塾にも通ってましたから。一緒に合宿したりね(笑)。

Toshlと再会した時は、X JAPANを再結成する前に、もう一度友達に戻ろうかって。そこから話が始まったんです。さっきも「バンドは家族みたいなもの」と言ったけど、音楽を作るために集まったのか、集まったから音楽を作ろうと思ったのか。そのラインが微妙なくらいの仲なんですよ。


(C)2016 PASSION PICTURES LTD.

-マディソン・スクエア・ガーデン、カーネギー・ホール、ウェンブリー・アリーナと、数々の音楽の殿堂のステージに立ってきましたが、次なるステップとしてどんなことを思い描いているのですか?

今は、達成感みたいなものはゼロに等しいんですよ。やっと世界に通じるバンドへの道の、その新たなる章の扉を開けられたんだ、というくらいなんです。僕らはまだまだ海外では無名だし、去年も海外で500本以上インタヴューを受けたんですが、まだまだこれからだなって感じがしています。

日本で僕らが名を売っていく過程も、色々な地方を回ったり、テレビやラジオに出たり、そういう地道な活動を通してX JAPANというものを売ってきた。ある日突然売れたわけじゃなくて、そういう道を丁寧に辿って来たんですよね。今はインターネットの時代なので少し変わったかもしれませんが、どんな物事にも近道はないんじゃないかと思います。ロック・ミュージシャンってどこまでできるかわからない未知の世界に飛び込んでいくものですから。そういう感覚で、イ茲靴海譴らも頑張ろうイ箸い心境なんですよ。

ローリング・ストーンズのミック・ジャガーだって、まだ現役で頑張っていますよね。スポーツ選手には年齢的なピークがあるかもしれない。でも、ミュージシャンとしての僕らのピークはまだまだ先かもしれない。そういう夢を抱いていきたい。挑戦をやめた時点で、僕の存在価値、存在意義はなくなる気がしています。僕は灰になるその瞬間まで、その夢に向かって戦って行くんだろうなと思っています。


(C)2016 PASSION PICTURES LTD.

-インディーズ時代から今現在まで、初志貫徹なんですね。

日本でのインディーズ時代もそうだったように、「こうしなさい」「ああしなさい」ということを、僕らはことごとく覆して来たと思うんです。20年くらい前、「僕らは海外でやりたいんです」って周囲に言った時に、「無駄なことをするな」って多くの人に言われました。もちろん僕らのことを思ってのアドバイスだったんだと思うんですけど、僕は「いや、無謀に行きます」と言ったんですよ。今はもう海外に住んで20年以上経ちますけど、当時は何もわからないまま、手探りのまま飛び出した。僕らのバンド人生を世界という舞台で一からやってきた感じで、当時で言えば、東京に出て来てやっと最初のライヴハウスをやったみたいな感覚でしかないですね。

-アメリカだけじゃなく、世界中がさまざまな問題に揺れ動いている時期だと思います。ご自身の身の回りでも、何か変化などは感じますか?

先日、カーネギー・ホールでコンサートをやった時、「アメリカンドリームという言葉は、決してアメリカ人だけのものじゃない」ということをスピーチさせてもらったんです。「だから、アジア人の僕もこうしてカーネギーのステージに立てているんだ」って。「そんなアメリカンドリームを今後も語れるような国になってほしい」というようなことを壇上で話したんです。僕はチャリティ活動もやってるのですが、それはチャリティにも通じる話だと思います。人を救うことによって自分も救われる。そういう考えで、僕は生きてきたんです。

ゥ▲瓮螢・ファーストイ犬磴覆い韻鼻∪こγ罎莫ゼ分・ファーストイ澆燭い紛気になってるじゃないですか。それが良い悪いという話じゃなく、周りの人を思いやる気持ちって、良い意味で自分に返ってくるんじゃないかなと、僕はいつも思ってるんです。音楽家として音楽を通じて、そういう生き方を通じて、良い意味で影響を与えられたらとは思います。

-まさにこの映画のコピー、ツ戦は終わらないイ箸いΩ斥佞里泙泙任垢諭

そうですね。未来に向かう意味でも、もう一度自分たちの過去を振り返って、どうして僕らが今ここに存在してるのか。たくさんの不幸もあったけど、僕らが出会えてこうして活動できていることを、僕は奇跡だと思ってます。だから、この映画を観てくれる人たちにとっても、次の章に向かうための希望や勇気みたいになればいいと思ってるんです。

-X JAPANの背中を追いかけて、これから日本の若手アーティストたちが世界で通じる音楽を目指して外に出て行くのではないかと思います。YOSHIKIさんは現在の日本の音楽シーンをどんな風に見ているのですか?

すごく可能性はあると思います。日本って特殊な国で、東洋の伝統もありつつ、西洋からの影響も強い。これから色々な音楽家が世界に出て行くのは楽しみですよね。誰か一人が頑張ってるんじゃなくて、日本全体で世界を目指す、外に出て行くぞという雰囲気はいいなと思いますね。

-野球の世界でも、日本人メジャーリーガーという道を切り開いた人が最初にいたわけで。X JAPANが切り開いてくれた道に、どれだけ日本の若手が続けるかも楽しみですね。

僕たちがどこまでいけるかわからないけど、彼らにとって風除けくらいにはなっていきたいと思います。日本をはじめ、アジアのアーティストたちが世界に出て行くというのは時間の問題だと思うんです。

僕はいつも自分の存在意義を問いかけて生きてきたんです。「僕は何のために生きてきたんだろう?」って。そうやって誰かのためになれるなら、それは僕にとってとても光栄なことです。


X JAPAN
YOSHIKI/Drums&Piano
Toshl/Vocal   
PATA/Guitar
HEATH/Bass   
SUGIZO/Guitar& Violin   
HIDE/Guitar
TAIJI/Bass

1982年にYOSHIKI(Dr, Piano)とToshl(Vo)を中心に結成される。インディーズで絶大な人気を誇り、1989年にアルバム『BLUE BLOOD』でメジャーシーンに進出する。派手なメイクと衣装に代表される独特のスタイルが大きく注目される一方で、ハイクオリティなヘヴィメタルサウンドと確かな演奏力が高評価を獲得。攻撃的なメタルナンバーとドラマチックなバラードの双方に定評があり、ヴィジュアル系バンドの先駆者的存在としても認知されている。人気絶頂の1997年、Toshlの脱退宣言を機に解散。再結成が熱望されるも翌1998年にHIDEが急逝し復活は絶望視される。しかし2007年10月に活動再開を宣言し、2008年3月には復活の東京ドームライブを3日間にわたり開催。2009年5月にはSUGIZO(G)が新メンバーとして正式加入している。これまでにアルバム・シングルを合わせ3000万枚を超える売上げを誇り、東京ドームを18回にわたりソールドアウトにした記録を持つ。バンドの人気は今、世界へと広がっており、近年行われた北米、ヨーロッパ、南米、アジアツアーは全てソールドアウト。2014年の米マディソン・スクエア・ガーデン公演、2017年の米カーネギーホールYOSHIKI単独公演、そして英ウェンブリー・アリーナ(現SSEアリーナ・ウェンブリー)公演の成功で、音楽の3大殿堂を制覇したアーティストとなったX JAPANの勢いは、今もなおとどまることを知らない。
http://www.xjapanmusic.com/

『WE ARE X』
監督:スティーヴン・キジャック
全国で公開中。
http://www.wearexfilm.jp/


『WE ARE X』オリジナル・サウンドトラック

CD1
1. La Venus (Acoustic Version)
2. Kurenai (From The Last Live)
3. Forever Love
4. A Piano String in Es Dur
5. Dahlia
6. Crucify My Love
7. Xclamation
8. Standing Sex (From X Japan Returns)
9. Tears
10. Longing ~Setsubou no yoru~
11. Art of Life -3rd Movement-
12. Endless Rain (From The Last Live)
13. X (From The Last Live)
14. Without You (Unplugged)
CD2
Japan Bonus Tracks
1. Rusty Nail (From DAHLIA TOUR FINAL 〜Mubou na Yoru〜)
2. Forever Love (From The Last Live)