写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ネットギアジャパンは3月24日、ネットワークの遅延に敏感なオンラインゲームや動画ストリーミング再生に最適化したギガビット・スイッチングハブ「Nighthawk S8000」を販売すると発表した。希望小売価格は1万5800円。

同製品は、8個のギガビットポート(1000BASE-T)をゲーミングPCや動画配信サービスのセットトップボックス(STB)と接続することで、遅延に敏感なそれらのデータを優先的に処理し、ストレスのないマルチプレイヤー・オンラインゲームや4K HD動画のスムーズな再生を実現する。

ゲーム向け、動画配信向け、通常ネットワーク、3種類の設定が搭載された状態で出荷されており、ネットワークに接続し、スマートフォンのブラウザから数タップで設定を選ぶだけで、利用を開始できる。

ギガビットポートは、最大4個をグループ化して高スピードを実現するリンクアグリゲーションに対応しており、同社のReadyNASストレージなど、複数のギガビットポートを持ちかつリンクアグリゲーションに対応している機器を接続することで、最大4Gbpsの高速通信が可能となっている。

(辻)