中国版ツイッター・微博で「韓国の19番」というワードが検索ランキングのトップ10に入っている。

写真拡大

サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会のアジア最終予選で、中国代表が韓国を相手に初勝利を記録し盛り上がる中、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では「韓国の19番」というワードが検索ランキングのトップ10に入っている。

発端は中国が1−0でリードして迎えた88分、中国の尹鴻博(イン・ホンボー)が倒された際に尹の胸元にあったボールを「韓国の19番」ファン・ヒチャンが思い切り蹴りつけた。ボールを腹部に受けた尹は悶絶し、双方は乱闘寸前に。中国代表のリッピ監督も思わずベンチを飛び出して審判に猛抗議した。

このプレーについて、中国のスポーツメディア・新浪体育は「(韓国は)試合に負けて、人としても負けた」と題する記事で「負けていて焦る気持ちは理解できるが、盲目的に汚いプレーをするのはプロとしての道徳に問題ありだ」と批判。鳳凰体育も「韓国はファン・ヒチャンのまずいプレーで恥辱を残すことに」と伝えている。(編集/北田)