湘南に神が舞い降りた!GK秋元陽太、「超絶セーブ3連発」を見よ

写真拡大

開幕から3勝1分という好成績を残し、現在J2で首位に立つ湘南ベルマーレ。

先週末に行われた愛媛FC戦ではジネイのゴールで0-1と勝利したのだが、チームの白星に大きく貢献したのがGK秋元陽太だった。

試合後、チョウ・キジェ監督が「神がかった」と絶賛した超絶セーブがこの3つだ!

49分

65分

72分

いずれもペナルティエリア内からの狙いすましたシュートであったが、秋元にかかれば何のその!

まるで神が憑依したかのようなスーパーセーブを連発し、チームの勝利に大きく貢献したのだった。

なお、このうち65分と72分に見せたセーブはDAZNが選出するJ2第4節のベストセーブ集にノミネート。なんとワンツーフィニッシュを飾っている。

秋元はゲーム後、「落ち着いて試合には入れていた。もしかしたら次の試合で僕がミスをして負けるかもしれないので、そういったところに満足をすることなく次の試合に向けて準備はしなきゃいけない」とコメント。

また、元チームメイトである秋元に再三ゴールを阻まれた愛媛FW有田光希は、「悔しかった。一緒にやっていた仲間がJ1を経験して、これが上のレベルなんだと試合の中で感じたけど、そんな選手からでも点は取らなきゃいけない」と振り返っている。