23日、中国外交部の公式サイトは、22日に海上自衛隊の護衛艦「かが」が就役したことについて同部の華春瑩報道官が「火の消えた軍国主義の灰が再び燃え出さないことを望む」と語ったことを伝えた。写真は華報道官。

写真拡大

2017年3月23日、中国外交部の公式サイトは、22日に海上自衛隊の護衛艦「かが」が就役したことについて同部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官が「火の消えた軍国主義の灰が再び燃え出さないこを望む」と語ったことを伝えた。

華報道官は23日の定例記者会見で記者から「海上自衛隊最大の空母型ヘリコプター搭載護衛艦『かが』が22日に就役し、セレモニーでは防衛政務官が『中国は島の埋め立てなどで南シナ海の現状改変を企図している』と発言した。『かが』は日本の海外への戦力投射強化を示すものだが、中国はこの件についてどう考えているか」との質問を受けた。

これに対して華報道官は「まず、日本は国際社会を代表できない。現在、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)各国の協力により、南シナ海情勢は安定に向かっている。日本の一部の人間が波風を立たせようとしても、中国と周辺国は相手にしない」とした。

また「近年日本は絶えず『中国脅威論』に軍備拡張の口実を求めている。歴史的な理由により、国際社会、特にアジアの隣国は日本の軍事動向を注視し続けている。われわれには日本の動向や真の意図に対して強い警戒を保つ理由がある。私が言いたいのは、『加賀』は第2次世界大戦時に米軍によって撃沈されたということ。日本は歴史から教訓をくみ取るべきだ。われわれは『かが』の出現によって日本の軍国主義が火の消えた灰を再び燃やそうと企てないことを望む」と語った。

海上自衛隊の正式な艦船名はひらがな表記だが、ひらがなのない中国では旧日本海軍の空母「加賀」と同じ漢字で表記される。(翻訳・編集/川尻)