ポストプレーで相手に格の違いを見せつけた大迫。フィニッシュでも惜しい場面が何度か見られたが、得点はお預けに。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[W杯アジア最終予選]UAE 0-2 日本/3月23日/UAE・アルアイン
 
 敵地でUAEに快勝した日本代表。チームに前向きなリズムを生み出したのは、立ち上がりからアグレッシブな姿勢でUAEゴールに向かった背番号15だった。

【PHOTO】日本がUAEを撃破! 抜擢起用の川島、今野、久保が活躍とハリル采配が的中
 
 4分に右サイドからのクロスに飛び込みファーストシュートでゴールを狙った大迫勇也は、7分にも果敢にミドルを狙う。そうした積極的な姿勢がチームに勢いを生み出し、14分の久保裕也の先制点につながった。
 
 そして圧巻だったのは、なんといっても相手DFたちを背にしてのポストプレーだ。後方からのフィードを抜群の安定感で何度も確実に収め、攻撃に移行する味方のスムーズな押し上げにひと役買っていた。そうしたプレーに関して問われると、
「身体を張っていた? まあ痛いんですけど、それが仕事なんで(苦笑)。タメに関してはよくできましたけど、まだまだ。あとはゴール前ですかね」
 
 普段から屈強なブンデスリーガの猛者たちを相手に身体を張る大迫だが、その言葉からはやや本音めいたポストプレーにまつわる労苦も垣間見えてくる。また、自身ノーゴールに終わったように、ポストプレーで手応えを掴んだ一方で最終局面での精度に課題を感じているようだ。
 
 一方、80分過ぎの接触プレーで負傷交代となったシーンについては、「膝とかではないです。怪我したことがないところ。何がなんだか分からない。あの瞬間はしびれていた感じで」と語り、試合後はしっかりと歩き取材対応をしていたが、負傷箇所の状況については今後の診察によって明らかになるようだ。
 
 日本に久しく現われていなかった待望のポストプレーヤーでもあるだけに、28日のホームでのタイ戦に向けて軽傷であることを祈るばかりだ。