柏への入団が決まったMF細貝萌

写真拡大

 柏レイソルは24日、シュツットガルトからMF細貝萌(30)を獲得することで合意したと発表した。

 細貝は前橋育英高から2005年に浦和に入団。2010年までプレーし、J1通算98試合に出場、5得点を決めている。

 2010年12月にブンデスリーガ2部のアウクスブルクに移籍。11-12シーズンから1部に昇格すると、その後、レバークーゼン、ヘルタ・ベルリンでプレー。15-16シーズンをトルコのブルサスポルで過ごすと、今季はドイツに戻ってシュツットガルトに在籍していた。

 7年ぶりにJリーグに復帰することになった細貝は、クラブを通じて「この移籍に関わっていただいた全ての方々に感謝したい。そしてなにより無事に柏レイソルの一員となれたこと、本当に嬉しく思っています」とコメント。「2011年にドイツに移籍してから約6年間海外でプレーしてきたので、久しぶりに日本でプレーすることが楽しみである一方で不安もありますが、チームの目標達成に貢献できるよう自分の全てをこのチームに捧げたい」と意気込みを語った。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ