写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●日本郵便の提供する年賀状作成サービスのプリントが可能に
今や、コンビニエンスストアの店頭に設置されたコピー機がどんどん進化している。単なる複写機だったのはもう20年近く前のことだ。今や、「マルチコピー機」と呼ばれているが、その名の通り、FAX機能、デジタルカメラやスマートフォンからのプリント機能など、さまざまな機能が追加されている。

中でも、筆者が特にオススメしたい機能が「ネットプリント」だ。ネットプリントとは、あらかじめPCやスマートフォンからネットプリントセンターにアップロードしておいたドキュメントや画像ファイルを、店頭のマルチコピー機でプリントできるサービス。

今回、セブン-イレブンの店頭にマルチコピー機を納めている富士ゼロックスにネットプリントの最新事情を聞いた。ネットプリントセンターにアップロードしたデータをプリントするという基本的な利用に加え、さまざまな形で利用されているようだ。以下、ネットプリントの用途を紹介しよう。

○API連携などでコンテンツをプリントできるサービスも充実

富士ゼロックスは、ネットプリントと同様にセンターにアップロードされているデータを店頭のマルチコピー機でコンテンツとして購入できるサービスとして「コンテンツプリント」を提供している。

例えば、希望の曲のみ1曲から購入できる楽譜プリント、公営競技の予想紙、L版写真サイズでは芸能人やアニメ・ゲームのキャラクターブロマイドなど、さまざまなジャンルのコンテンツが提供されている。また、ゼンリン住宅地図のプリントサービスやリクルートの履歴書作成サービスなど、各社が提供しているサービスをネットプリントとAPI連携させることによって、コンテンツとして販売しているケースもある(コンテンツの販売に関しては、サービス提携契約が必要)。

また、2016年に登場した新サービス「ネームイン メッセージカード」は、用意された写真にメッセージや相手の名前などを自然な形で溶け込ませることでオリジナルカードを作るサービスだが、これもAPI連携の仕組みを利用して、プリント予約番号を発行している。

○はがきサイズ対応で日本郵便の年賀状作成との連携を実現

「新しいサービスとしては、はがきサイズに対応したことで年賀状プリントができるようになりました。セブン-イレブンが以前から行っていた年賀状印刷サービスと組み合わせて、同じデザインのものを店頭で1枚からプリントできるようにし、年始になってから少量足りなくなったというような需要に対応しました。また、日本郵便の提供する年賀状作成サービスである"はがきデザインキット"(スマホ版)とも連携し、出力先のプリンタとして自宅プリンタのようにマルチコピー機を指定できるようにもしました」と高田氏。

ちなみに、本稿執筆時点では年賀状のシーズンを過ぎているため、現在のバージョンでは「はがきデザインキット」との連携は終了している。

はがきプリントに関しては特に力を入れており、硬く小さなはがき用紙がトラブルなくプリントできるよう用紙トレイを一番上に設置し、さらにトレイ内部には備え付けのはがき用紙を一時的に避けておく場所も用意。ユーザーの持ち込みはがきへのプリントもスムーズに行えるように工夫されている(持ち込みは日本郵便が発行した定形の郵便はがきのみ利用可)。

「はがきサイズは他社にないサービスなのですが、手持ちの写真をプリントするだけで格好のよいポストカードができます。余白の位置を調整してメッセージ記入位置を作るなど、オリジナルポストカードづくりを楽しんでいただけます」と、新しく登場したはがきサイズの利用を促す。

●同人誌を作るための特設サイトを開設
○ユーザーの声を取り込み同人誌作成のための特設サイトも用意

また、中央営業事業部 流通・サービス営業統括 アーケードサービスグループ グループ長の佐野広延氏は、以下のようにユーザー側の発想で利用シーンが拡大していると語る。

「ネットプリントは当初、自分が用意した写真などをプリントするものだったのですが、今ではわれわれの考えてもいなかった使い方がされるようになっています。例えば、スポーツ観戦時に応援用の横断幕代わりにみんなで同じ紙を持って応援しようとTwitterで呼びかけたりすることにも使われています。また、誰かがアップロードしたものをみんなでプリントして使うという方法によって、選挙の時には利用数が増えます。そのほか、同人誌即売会などでオリジナルの作品を発表している個人クリエイターが、自分の作品を多くの人に届ける手段として使っていたりもします」

ユーザーにとってわかりやすいメニュー表示などはマルチコピー機の端末が世代変更されるのとは別に、随時改善されている。機能強化や表示変更にあたっては、ユーザーの声も大事にしているという。そうした中で見えてきたのは、自分で漫画などを作成している、いわゆる「アマチュアクリエイター」のユーザーが多いことだ。

「同人活動をしている方の利用が多いということで、同人誌即売会に出展してマルチコピー機の利用を呼びかけてみたり、ユーザーからのヒアリングを行ったりしています。同人誌作成のための特設サイトも作ってみました」と佐野氏。

マルチコピー機の便利な機能として、複数ページからなるPDFファイルや、一定枚数までの画像ファイルを集めて中綴じの冊子としてプリントする「小冊子プリント」という機能が用意されている(ネットプリントは、画像ファイルの小冊子プリントには対応していない)。

例えば、A4サイズで16ページのデータならば、A3の用紙表裏に4ページ分をプリントする形で、半分に折って中央をステープラで留めれば冊子になるように自動的に面付けしてプリントしてくれる機能だ。ビジネスでもカタログ作成などで利用できる魅力的な機能だが、個人ユーザーの中ではこれを利用して同人誌を作成する例が多いという。

そこで作られたのが「セブン-イレブンのマルチコピー機で同人活動をもっと手軽に・もっと楽しく!」という特設サイトだ。イラストや漫画的な表現を利用して、わかりやすく具体的なデータの作り方や本体の操作方法などを紹介している。

○ユーザー登録なしの写真プリントなどアプリも充実

現在、セブン-イレブンのマルチコピー機と連携できるスマートフォンアプリは3種類ある。

それらのうち、ネットプリントの利用者向けは2種類で、スタンダードな「netprint」のほかに「netprint 写真かんたんプリント」というものがある。こちらは写真プリントに機能を絞り込んでいるが、ユーザー登録なしで利用できるアプリだ。予約番号は都度登録したメールアドレスで受け取ることになる。

もう1つが、スマートフォン内部にある写真データを店頭でWi-Fiを利用して直接マルチコピー機に送信する「セブン-イレブン マルチコピー」だ。

「Wi-Fiの使いやすさにも非常に気をつかっています。できるだけ簡単に、さらにセキュリティもしっかり担保して使えるようにと工夫しました」と高田氏。ユーザー登録は面倒だという一般的なユーザーの感覚に寄り添ってのサービス拡大だ。

現在、全国1万9220のセブン-イレブン店頭で、富士ゼロックスのマルチコピー機によるネットプリントなどが利用できるようになっている。ビジネスユーザーにとっても、趣味の個人ユーザーにとっても、身近なプリントサービスとして活用しやすいものになっているといえるだろう。

「今後も、みなさんのお役に立てるようなマルチコピー機を提供して行きたいと思っています」と佐野氏はこれからもサービスの強化を行いたい意向を語ってくれた。

(エースラッシュ)