(c)2017『散歩する侵略者』製作委員会

写真拡大

 9月9日に公開される黒沢清監督最新作『散歩する侵略者』より、ティザービジュアルが公開された。

参考:宮台真司×黒沢清 対談:黒沢作品における“取り残された者の呪い”をめぐって

 本作は、劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台『散歩する侵略者』を黒沢監督が映画化したもの。主人公・加瀬鳴海の夫・加瀬真治が、数日間の行方不明の後、“侵略者”に乗っ取られて帰ってきたことから、当たり前の日常が変化していく模様を描く。主人公・加瀬鳴海を長澤まさみ、夫・加瀬真治を松田龍平が演じるほか、長谷川博己、高杉真宙、恒松祐里らが出演する。

 このたび公開されたティザービジュアルには、“絶望がやってきた。愛する人の姿で”のコピーとともに、長澤演じる加瀬鳴海がうっすらと涙を浮かべ、松田演じる“侵略者”に乗っ取られた夫・加瀬真治が意味ありげに指を差し出し、長谷川演じるジャーナリストの桜井が“何か”を見つめる姿が捉えられているほか、第二・第三の“侵略者”である高杉演じる天野と恒松演じる立花あきらの姿も確認できる。

 ビジュアルの裏面には、散歩する鳴海と真治の背後で、爆発が起こっている様子に、“人類は知らない。滅亡はそこまで来ている。”のコピーが添えられている。

 長澤は、本作の見どころについて、「作品の中で描かれているようなことが、現実の世界でも起こっているかもしれないというドキドキを、ぜひ楽しんで頂けたら嬉しいです」と語り、松田は「“侵略者”がやってくるというシンプルでわかりやすい話なのに、いろんな視点で楽しむことができるのがこの作品の魅力」とコメント。長谷川も「一言では言えないジャンル、すごい映画になると思います」と自信を覗かせている。(リアルサウンド編集部)