ボン・イヴェール、離婚手続き中のブラッド・ピットが自分の音楽を聴いているという報道に反応

写真拡大

 アンジェリーナ・ジョリーと離婚手続き中のブラッド・ピットは、その悲しみをアートへと向けているようだ。

 ザ・デイリー・メール紙によると、ブラッドは友人のアート・スタジオに多い時は「1日15時間」ほど引きこもり、「悲しい曲のプレイリスト」を聴きながら、彫刻作品に取り組んでいるという。このプレイリストには、ウェイロン・ジェニングスの「Just To Satisfy You」やボン・イヴェールの楽曲が多く含まれているという。

 この報道に対し、ボン・イヴェールのジャスティン・ヴァーノンが反応。自身のTwitterに「クール。誰かブラッドを僕に紹介してくれた方がいいみたい。語り合うべきだね」と投稿している。


◎ジャスティン・ヴァーノンによる投稿
https://twitter.com/blobtower/status/844705775561949185