写真提供:マイナビニュース

写真拡大

成田国際空港は3月23日、旅客数・貨物量を維持・増加させるためのマーケティングやプロモーション、利用者の利便性向上等に向けた取組み(以下、マーケティング活動)に対しマーケティング活動費をサポートする制度「成田空港マーケティングインセンティブ」を新たに導入すると発表した。

これによると、成田空港は、旺盛なアジアの航空需要を取り込むことで、旅客数・貨物量を増やしている一方、航空機材の性能向上によるアジア・北米間の直行化など、航空会社による路線再編の動きも活発になったことから、空港間の路線獲得競争が激化しているという。

このような状況に対し同社は、航空会社との連携を一層強化し、成田空港の旅客数・貨物量の維持・増加を図り、リテール売上等の非航空系収入の拡大にもつなげるために「成田空港マーケティングインセンティブ」の導入を決定した。

同制度は、成田空港に就航している航空会社が実施する、成田空港の旅客数・貨物量の維持・増加に資するマーケティング活動に対し、各社の成田空港における旅客数・貨物量に応じて、一定額を上限として、マーケティング活動に要する費用の一部を当社がサポートするもの。インセンティブの提供は半期ごと行われ、実施期間は2017年4月1日〜2019年3月31日の間となる。

旅客取扱量へのインセンティブとしては、国際線・国内線別の出発旅客数(国際線は乗継を含む)に応じて提供。 国際線・国内線別に「取扱旅客数に対する単価(取扱単価)」と「増加旅客数に対する単価(増加単価)」を設定する。なお、各単価は成田空港内店舗売上高によって変動する予定だ。

一方、貨物取扱量へのインセンティブとしては、国際線取扱貨物量に応じて提供し、「取扱貨物量に対する単価(取扱単価)」と「増加貨物量に対する単価(増加単価)」を設定する。貨物1トン当たりの取扱単価は100円、増加単価は200円という。

(小松原綾)