突然、皮膚がかゆくなったり、ぷくっと盛り上がったりするじんましん。しばらく経つと自然に消えますが、繰り返す場合もあります。じんましんの対処法をまとめました。

アレルギー持ちの人はじんましんがでやすい傾向に

皮膚が蚊にさされたようにぷくっと腫れたり(膨疹)、赤み(紅斑)ができて、2時間ほどすると消えてしまうのがじんましん。激しいかゆみをともなうことも多く、かきむしって傷になってしまったりするなど、かなりのストレスになります。じんましんのできやすい人は、花粉症、アレルギー性鼻炎、アレルギー結膜炎、喘息、アトピー性皮膚炎にもなりやすい傾向が。また、バッグなどを腕にかけて持っているだけでも、その部分が赤くなったり、腫れ上がったりすることもあります。じんましんには下記のようにさまざまな種類があり、原因に合わせた対策をとることが必要です。

◯特発性じんましん
患者の70〜80%は、原因がわからないじんましんで、「特発性じんましん」と診断されます。原因が不明なだけで、原因がないということではありません。何が原因となっているが、じんましんが出たときの状態を思い出して原因を探る必要があります。

◯アレルギー性じんましん
その人がアレルギーを起こす原因となる食べ物や食品添加物、動植物に触れることで、じんましんがおこります。アレルゲンとなる代表的なものは、小麦、そば、乳製品、ピーナッツ、ゴム(ラテックス)やハチ、抗生物質や解熱剤など。これらのアレルゲンが体の中で異物として認識されると、ヒスタミンという物質が放出。ヒスタミンは、皮膚の血管を拡張し、血中の水分を血管外に染み出させるという働きをするため、皮膚が赤くはれます。また、かゆみを司る神経も刺激するため、皮膚がかゆくなります。

◯機械的じんましん
時計のバンド、下着のゴムによる圧迫など、物理的に刺激を受けたことで起こるのが機械的じんましん。皮膚の真皮の血管周辺にある肥満細胞が刺激を受けることで、その細胞壁からヒスタミンが分泌。アレルギー性じんましんと同様に、赤みやふくらみが皮膚にあらわれます。刺激を受けた部分にじんましんができるので、比較的原因が見つけやすいじんましんです。

◯温熱じんましん
温水や温風が刺激となりじんましんが、温熱じんましん。体が冷えている状態で、温かい場所に入ると、体が温まり血流がよくなります。そのため、血管が集まっているももや、ひじ、ひざ周辺にヒスタミンが集中して、じんましんが起こります。じんましんを発症した部位の皮膚の温度は40〜50℃ぐらいまで上がります。入浴後や運動後、暖房器具に当たった後などに起こりやすいじんましんです。

◯寒冷じんましん
温熱じんましんとは対照的に、冷たい水や冷風など体温より低い物質に触れたり、体が冷やされると起きるじんましんです。激しい温度変化が血管周辺の肥満細胞を刺激してヒスタミンが分泌されることによって、皮膚が赤くなったり、鳥肌に似たようなわずかな腫れやかゆみが発生します。例えば冬の朝、ベッドから起きて冷たいフローリングに素足で触れると足にじんましんができるなどがこれにあたります。

◯日光じんましん
太陽の光に直接当たった部分が赤くなり、かゆくなるのが日光じんましん。4〜9月の紫外線が強い時期に起こりやすくなります。太陽光にあたると数秒後にはじんましんを発症、10分以内にはピークに達し、1時間以上は症状が続くケースが多くみられます。これは、日光の刺激により、皮膚内でヒスタミンが放出されるためです。じんましんができた箇所をかくと、かゆみが発生します。

◯コリン性じんましん
汗が刺激となり、じんましんが起こるのがコリン性じんましん。運動や入浴、緊張したときに出る汗などで起こります。暑い季節は特に、少し歩いただけでも首や背中にじんましんが。コリン性じんましんは、皮膚にある交感神経の末端で、汗腺を刺激するアセチルコリンという神経伝達物質が放出されることが原因です。

◯ストレス性じんましん
ストレスなど心の病が原因で発症するじんましんです。自覚症状はなくても精神的な負担があるときに、皮膚に肌荒れや湿疹などが起こります。自覚症状がないストレスが長く続くと、軽いストレスでも体が反応するようになります。精神的な負担を軽減させるよう工夫することが大切です。

◯病巣感染じんましん
風邪、虫歯、副鼻腔炎などにかかっている人が発症するじんましんで、病巣にすみつく細菌や毒素の死んだ組織などの影響でじんましんが起きます。病巣感染の原因の60%が扁桃腺炎、30%が歯の病気、10%がそのほかの病気とされています。改善には、原因となっている病巣を治療することが必要です。

◯じんましん型薬疹
薬を服用したりすることで生じるじんましんです。特に抗生物質で薬疹が起こりやすいとされています。じんましんを起こす原因となる薬は人によって異なるので、じんましんが出たら皮膚科を受診し、その際に服用している薬なども報告しましょう。

寒冷じんましん以外は、冷やして応急処置を

前述のようにじんましんは、原因不明や原因を特定するまでに時間がかかることがほとんど。原因がわかっている場合は、それを避ければいいのですが、わからない場合は、発症数日以内に食べたもの、どういったときに発症したか、ストレスの有無など、じんましんが出たときの状況を自分で把握しておくことが必要です。

また、寒冷じんましん以外は、冷やして安静にすることでかゆみが治まります。じんましんが出たら、濡らしたタオルを患部にあてて冷やし、様子をみましょう。じんましん用の市販薬を持ち歩くのも応急処置に役立ちます。激しいじんましんの場合は、皮膚科を受診すると抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の処方が受けられます。1ヶ月以上続く慢性じんましんの場合は、漢方を併用すると改善する場合もありますので、医師に相談してみましょう。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと