映画「トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡」のポスタービジュアルも公開された/(C)2017 トモシビパートナーズ

写真拡大

“感情型シンガーソングライター”植田真梨恵が初出演し、主題歌も書き下ろした5月20日(土)公開の映画「トモシビ 銚子電鉄 6.4kmの軌跡」。このたび本作の予告編が公開され、植田の歌う主題歌「灯」も映像とともに流れた。

【写真を見る】“感情型シンガーソングライター”植田真梨恵の主題歌が「トモシビ」の世界を彩る

本作は、95年の歴史を持ち、銚子駅から関東最東端の犬吠埼を通る全長6.4kmのローカル線・銚子電鉄を舞台に、そこに暮らす人々を描く心温まる物語。

公開されたばかりの予告映像では、純朴な高校生と銚子電鉄との“駅DEN”を軸に、彼らを取り巻く大人たちのそれぞれのドラマの片りんと、古びた駅舎、緑の中を走っていく電車の姿など、まるで絵のように美しい銚子の風景を、植田書き下ろしの主題歌「灯」がしみじみと彩る。

そしてポスタービジュアルは、鉄道ファンの人気を誇る銚子電鉄の代表的な車両の顔をモチーフに、100歳を目指す銚子電鉄の応援作品ともいえるものになった。

待望の予告映像では、本作の見せ場である主人公・杏子(松風理咲)が企画した、高校生による銚子電鉄との駅DENの模様が見られる映像が盛り込まれ、植田の「灯」が、登場人物たちの思いを軽快に盛り上げるべく爽やかに流れる。

植田だけでなく、本作で俳優として本格的な演技を披露するよゐこ・有野晋哉の“決まり過ぎている”運転士姿にも注目が集まる。

また、5月20日の公開に先駆け、映画の舞台ともなった銚子市にある「イオンシネマ銚子」と「イオンシネマ幕張新都心」にて先行上映が実施されることも決定。

ゴールデンウイークに映画のロケ地を巡り、一足早く上映を楽しむことができるので、のんびりとした気持ちで訪れてみては?