池谷は、トータルでもらった賞金が「3000万円くらいです」と語った

写真拡大

3月23日放送の「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告」(テレビ東京)で、アスリート・タレントの池谷直樹が巨大な跳び箱「モンスターボックス」で稼いだ金額を赤裸々に語った。

20周年「SASUKE」に “ミスターSASUKE”山田勝己ら参戦!

スポーツバラエティ番組「スポーツマンNo.1決定戦」(TBS系)でブレイクした池谷直樹だが、実は本格的に出場する以前、同番組で活躍していたケイン・コスギに、池谷が元体操選手ということで番組の人気種目モンスターボックスを教えていたそう。

そのケイン・コスギが番組で強すぎたため、ライバルを作ろうとしてプロデューサーが「池谷を出そう」と言い出したという。

池谷は「(賞金は)総合優勝が200万と車1台、一種目が20万なんですよ。絶対に総合優勝したいと思った」と、当時の心境を語る。

そして初出場した回のモンスターボックスでは、ケイン22段、池谷23段と勝利。そこから「ケインがヒーロー、池谷が悪役みたいな形でいこうと(番組が)なった」と話す。

トータルでもらった賞金は「3000万円くらいです、賞品の車は7台もらいました。1台は乗ってますが、後はすぐに売りました。1台200万くらい。だから総合優勝すると合計400万くらい」と語り、共演者からは「すごーい!」という声が。

また「プロスポーツマン大会のときは、総合優勝500万、種目別30万なんで、エルグランド(車)もふくめると1日で1200万くらい」だったそうで、賞金を獲得するために体操選手時代よりも入念にトレーニングをしていたと明かした。

番組では、当時すでに家族があった池谷は家族を養うために頑張っていたというコメントも。

次回の「じっくり聞いタロウ」は3月30日(木)放送予定。