ドナテラ・ヴェルサーチ役に挑むペネロペ・クルス
 - Joe Maher / FilmMagic / Getty Images

写真拡大

 映画『ボルベール <帰郷>』『それでも恋するバルセロナ』などの女優ペネロペ・クルスが、アンソロジードラマ「ヴェルサーチ:アメリカン・クライム・ストーリー(原題) / Versace: American Crime Story」でファッションデザイナー、ドナテラ・ヴェルサーチを演じることが決定した。The Hollywood Reporter ほか複数メディアが報じている。

 本作は、テレビドラマ「Glee」「アメリカン・ホラー・ストーリー」などを手掛けてきたライアン・マーフィーが製作を務める「アメリカン・クライム・ストーリー」シリーズの第3弾で、アメリカのケーブルチャンネルFXで放映予定の作品。制作会社 Fox 21 とFXプロダクションのもと企画が進められている。

 そのストーリーは、1997年にマイアミビーチの別荘の入り口で連続殺人鬼アンドリュー・クナナンに射殺されたイタリアのファッションデザイナー、ジャンニ・ヴェルサーチさんの殺害事件を描く。ジャンニさん役にエドガー・ラミレスが挑戦し、新たにペネロペ・クルスがジャンニさんの妹ドナテラ・ヴェルサーチ役を任されたようだ。

 同ドラマは、Vanity Fair 誌のライター、モーリン・オース著「ヴァルガー・フェイヴァース(原題) / Vulgar Favors」を基に10話構成で描かれる。テレビドラマ「ロンドン・スパイ」のトム・ロブ・スミスがすでに最初の2話を脚色し、残りのエピソードも執筆するようだ。

 「アメリカン・クライム・ストーリー」は第1シーズンではO・J・シンプソン事件を取り上げ、9つのエミー賞を獲得した。第2シーズンはハリケーン・カトリーナを題材に描き、2018年の放送を予定している。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)