某メーカーの栄養ドリンクのCMで、タウリン1,000mg配合!と耳にはしますが、このタウリンとはどのような成分かをご存知でしょうか?栄養ドリンクに使用されているぐらいだから、何となく身体を元気にする成分だろうと思っているのではないでしょうか。栄養ドリンクの有効成分としても知られる、タウリンとはどのような成分なのか、またどのような効果を期待できるのか等について紹介致します。

タウリンとはどのような成分?

タウリンがどのような成分であるかをわかりやすく説明するのは正直難しいです。簡潔に述べたとしても、"含硫アミノ酸から合成される生体分子"と、なんとも良くわからない成分なのです。ちなみにイカやタコなどの軟体動物に多く含まれている成分なんだとか。こんな良くわからない成分タウリンではありますが、どのような効果が期待できるのでしょうか。

タウリンに期待できる効果がすごい

タウリンに期待できる効果として有名なのが、肝臓の修復・機能強化、血圧の上昇抑制・低下といったものです。肝臓機能の低下・衰えは、疲労の蓄積を伴いますので、肝機能を修復・強化することで、間接的に疲労回復効果も期待できるのだとか。そして血圧の上昇・低下作用というのは、血液の流れを円滑にすることに繋がるので、それに伴う脳機能向上、睡眠の改善、精神疲労の回復、といった効果も報告されているようです。

タウリンはどれくらい摂るべきなの?

タウリンはもともと生体内でも合成される成分であり、特別意識していなくても身体にタウリンは存在するのですが、身体の恒常機能の維持や、上記のような効果を期待するには、食事などから十分な量を摂取しておく必要があります。タウリンは1日に500mgは摂取しておきたいところ。これも摂れば摂るほど言い訳ではなくて、摂りすぎた分は体外に排出されてしまうので、大量にタウリンを摂取するメリットはあまりありません。

ちなみに1日3,000mgという大量のタウリンを摂取で、吐き気や下痢の副作用報告もあります。栄養ドリンクからタウリンを摂取するのも1つの手ですが、栄養ドリンクには大抵カフェインも含まれているので、カフェイン過剰とならないよう食事からの摂取が理想的です。ちなみに肝臓が弱っている方や食生活が偏っている方は特にタウリンが不足しているようなので、普段から意識してタウリンを補給しておくといいでしょう。


writer:サプリ編集部