【詳細】尾上松也が歌う「俺のおかげさ」はこちら

「アナと雪の女王」「ズートピア」の大ヒットに次ぐ、ディズニーアニメーション最新作「モアナと伝説の海」が、早くも動員155万人を突破し、爆発的大ヒットとなっている。

そんな大ヒットの要因のひとつが主題歌「どこまでも 〜How Far I’ll Go〜」を筆頭に、一度聴いたらハマってしまうディズニーミュージックの数々だ。

なかでも主題歌のほかに、マウイ役の日本版声優を務める歌舞伎俳優、尾上松也が歌う「俺のおかげさ」が“頭から離れない”と大反響を呼んでおり、ついにフルバージョンが解禁となった。ディズニーミュージックの中でも珍しいラップを尾上松也が見事に歌い上げる必聴の本編シーンとなっている。

伝説の英雄マウイは、主人公モアナが旅の途中で出会うキャラクター。人間離れした体格で、5000歳なのに歌って踊れるユーモアたっぷりの自信家な性格は、まるで「アラジン」のランプの精ジーニーのように大人気となっている。

そんなマウイが歌う「俺のおかげさ」は、モアナとマウイが初めて会うシーンに歌われ、とくに「どういた〜しまして、ユアウェルカム♪」というサビが印象的で、何度も聴きたくなるとSNSで話題沸騰中。解禁となったフルバージョンでは、尾上松也が歌うラップをあらたに聴くことができる。

同曲の作詞作曲を手がけたリン=マニュエル・ミランダは、自身が主演を務めた「ハミルトン」でトニー賞11部門を受賞した天才クリエイター。そんな彼がいちばん得意な音楽と言えばフリースタイルのラップだ。「ハミルトン」では史劇ミュージカルにラップを取り入れ、ミュージカルシーンに衝撃を与えており、リンの得意なラップが存分に詰まっているのが「俺のおかげさ」なのだ。

マウイ役の日本版声優の尾上松也は、声優もラップも初挑戦でありながら見事な歌声を披露。鑑賞者からは、

「マウイの歌めっちゃ良い! 好きだわこういう歌。何よりも尾上松也がイケボすぎる」

「マウイの声の尾上松也がいい声でしびれた! 歌のとこだけ声優さんに差し替えかと思ってエンドロールじっくり見たら歌も尾上松也だった! いい声でなおかつ歌うまい」

「松也のマウイ!!!!!!! 松也のマウイが聴きたいの!!!」

「マウイの曲が聴きたい……地味に中毒性があるんだよな」

など、声優も歌も大絶賛されており、何度も聴きたいとハマってしまう人が続出しているようだ。

さらに「俺のおかげさ」フルバージョンには、ディズニー作品には欠かせない隠れキャラクターが登場。実は「リトル・マーメイド」のプリンセス・アリエルの親友の魚フランダーがどこかに隠れているので探してみよう。

そして、3月25日放送のNHK の音楽番組「SONGS」では、尾上松也が「俺のおかげさ」をテレビで初披露。モアナ役の屋比久知奈とともに歌って踊る特別なパフォーマンスは必見だ。



映画情報



「モアナと伝説の海」

大ヒット公開中

(C)2017 Disney

映画「モアナと伝説の海」作品サイト

http://www.disney.co.jp/movie/moana