フランクフルト、日本代表MF長谷部誠の右ヒザ手術成功を発表

写真拡大

▽フランクフルトは23日、日本代表MF長谷部誠が水曜日に東京でイケダヒロシ医師の手により、関節鏡除去、軟骨の平骨化を目的に右ヒザの手術を受け、無事に成功したことを発表した。今シーズン中の復帰はない。

▽長谷部は、11日に行われたブンデスリーガ第24節のバイエルン戦でポストにすねを打ち付けて負傷交代。しかし、その後の検査で右ヒザの問題が判明し、近日中に手術を受けることがクラブからアナウンスされていた。

▽なお、長谷部を欠いた日本代表は、23日に敵地で行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のUAE代表戦を2-0で勝利。28日に行われる次戦では、埼玉スタジアム2002でタイ代表を迎え撃つ。