プエルトリコ・オープン 初日◇23日◇ココビーチG&CC(7,506ヤード・パー72)>
ココビーチG&CCで開幕した米国男子ツアー「プエルトリコ・オープン」は荒天のため、全選手の競技が終了できず順延。石川遼は3バーディ・1ボギー・1クアドループルボギーの“74”。2オーバー暫定117位タイと出遅れた。

石川遼はバーディを先行。1アンダーで折り返すと、1番・2番と連続バーディを奪い3アンダーまで伸ばしたが、一転、4番でこの日最初のボギーを叩くと5番パー5ではまさかの“9”。2012年大会で2位となった好相性の大会でスタートダッシュに失敗した。
「雨が降るとボールのつかまりがイメージしにくくて、ちょっと滑ってしまって池にいれたって感じもあった…ウッド系がちょっと雨になるとイメージ出ない感じ」。クアドループルボギーを叩いた5番ではティショット、そして4打目に2度目の池ポチャ。気まぐれなプエルトリコの空に大きく翻弄されてしまった。
「1ホールだけよくなかった。アイアンはそんなに悪くないから明日頑張りたい。自分のできる良いショットを打っていく。ベスト尽くすだけ」と石川。出遅れにも前を向いた。
【石川遼クアドループルボギー詳細】
1打目:ドライバーが右の池へ
2打目:罰打
3打目:池手前にドロップして右ラフから左のラフ
4打目:左のヤシの木の間のラフからのショットは、ヤシの木に直撃して池へ
5打目:罰打
6打目:ドロップして左ラフから花道へ
7打目:約30ヤードを3メートルにつける
8打目:50センチオーバー
9打目:入れてホールアウト
<ゴルフ情報ALBA.Net>

今週もエリカとアヤカが上位!国内女子ツアー写真をリアルタイムに配信中
松山英樹、もたつく相手に付け入れず予選ラウンド敗退が決定
スピース撃破の谷原秀人、2戦目は引き分け 池田勇太に勝てば文句なし決勝Rへ
処置を間違え…上原彩子になんと68打罰!史上ワースト“141”「私のミス」
【ピックアップ女子プロフォト #2】森田理香子の10年間