クマムシ

写真拡大

23日深夜放送の「じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)で、歌ネタ「あったかいんだからぁ」で大ブレークしたお笑いコンビ・クマムシのふたりが、現在の活動を明かした。

番組では「“お金”で天国と地獄を見た…転落有名人SP」と題し、同コンビの長谷川俊輔と佐藤大樹が登場。絶頂期から一転した現在の仕事ぶりについてトークした。

クマムシは、2014年下半期から2015年にかけ「あったかいんだからぁ」でブレークしたが、世間からは「一瞬で消えた」というイメージが強い。

かつては年間200本ものテレビ番組に出演したふたりは、曲の印税もあわせ、MAX月収が800万円にも上ったそうだ。しかし、一転して「消えた」現在の月収について、長谷川は「今はだいぶ減り、30(万円)あるかないかくらいですね」と明かした。

現在も30万円の月収を維持している理由は、佐藤の地元である富山で情報番組のMCとして活躍しているため。富山では営業の仕事も順調とのことだ。また、現在、同歌ネタの結婚式バージョンも考案され、披露宴からの募集を呼びかけていた。

【関連記事】
一発屋歌手・鼠先輩が消えた理由 ブレーク時の最高月収は1200万円
水道橋博士 テレビからたけし軍団が消えた理由を明かす
おかもとまり 「芸人」としてデビューしたことへの後悔を語る