画像

写真拡大 (全2枚)

 ルンバのアプリに新機能が搭載され、家の中の清掃エリアや汚れの状態をマップ化して確認できるようになった。

 ルンバの開発・発売を手掛ける米アイロボット社は、ルンバ900シリーズに対応した「iRobot HOME アプリ」に、新機能「Clean Map レポート」を搭載した。これによって、ルンバが清掃したエリアや、汚れがひどかった場所、清掃を行った総面積など、ルンバの清掃結果がマップのように表示され、今まで以上に簡単に清掃状況を確認できるようになった。

表示されたマップは拡大/縮小、スクロールするなどして、各部屋の清掃履歴を確認できる

 カメラと各種センサーを駆使した高精度なナビゲーションシステム「iAdapt 2.0 ビジュアルローカリゼーション」を搭載するルンバ900シリーズは、家の中で走行したエリアのマップを作成しながら清掃することが可能。清掃終了後に家のマップが作成され、アプリ上で最大で過去30回分まで、実際に清掃を行ったすべてのエリアや時間を確認することができる。

 特に汚れやゴミが多かった場所では、ルンバ本体に搭載されたアイロボット社の特許技術であるダートディテクトモードが作動し、重点的に清掃が行われる。

MarkeZine編集部[著]