1
 
コンピューター・ウイルスの起源は35年前、Apple 兇鯊仂櫃箸靴拭Elk Cloner」にまで遡ります。しかし、このウイルスは、個人情報を抜き去ったり、ハードディスクを破壊したりするような最近のものとはかけ離れた、今から思えば「可愛らしい」内容でした。

50回目の起動で「詩」を朗読!

世界初のコンピューター・ウイルスと言われる「Elk Cloner」を作ったのは、当時15歳だったリック・スクレンタ氏です。感染したフロッピーディスクをApple 兇冒淨すると、「Elk Cloner」のコピーがメモリーに保存され、未感染のディスクに次々と自らをコピーし続けるという仕組みです。
 
感染したディスクから起動を50回行うと、以下の「詩」がApple 兇防充┐気譴泙后
 

Elk Cloner:個性を持ったプログラム
それはあなたの全ディスクに乗っかるだろう
それはあなたのチップに浸透するだろう
そう、それはCloner!
 
それは糊のようにあなたにまとわり付くだろう
それはメモリーも改造してしまうだろう
Clonerを送り込め!

 

 
人々を恐怖に陥れている現在のウイルスから考えると、悪意よりもむしろ高尚さを感じてしまいますね。面白いことに、スクレンタ氏は「Cloner」と呼んでいるだけで、ウイルスという言葉を使っていません。当時はコンピューター・ウイルスという概念自体がなかったのです。
 
1990年、ハッカーのフォーラムでスクレンタ氏は、愚かな行為だったとしながらも「もう私すら自分のApple 兇鮖っていないのに」と、自分の生み出した「Elk Cloner」がこうして生き続けていることに驚きを示しています。
 
 
Source:BGR
Photo:Wikipedia
(kihachi)