川島永嗣【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 2-0 UAE 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は現地時間23日、ロシアW杯アジア最終予選でUAEと対戦し、2-0で勝利した。

所属クラブで出場機会を得られていない川島永嗣だが、代表屈指の経験値にヴァイッド・ハリルホジッチ監督は大きな信頼を寄せていた。そして、指揮官の期待に川島はプレーで応えて見せた。前半20分、カウンターからピンチを迎えたが、守護神は冷静にブロック。これが決まっていれば試合の流れも変わっていたかもしれない。このビッグセーブには大きな価値があった。

 そして「正直まだ前半もあったし、 後半もまだ45分あった。この後もこういうシーンが出てくるのかなという風に考えていた」と浮かれることなく集中を保ち続けた。

今回の代表招集は自身にとっても意外だったようで「自分としては呼ばれるとは思っていなかった」という。しかし、「頭の中が冷静だった部分もあったので、 そういうことを聞いた時はやれることを、 今まで自分が試合出てなくてもやってきたことをやるしかないなと思っていた」とすぐに気持ちを整えた。

 ピッチ上でのプレーはもちろん、メンタル面でも彼の豊富な経験が活きた。UAE戦、ハリルジャパンのゴールマウスには川島永嗣が君臨していた。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部