資生堂は23日、掛川工場のメーキャップ製品組み立て工程に世界で初めて産業用人型ロボットを3月から試験導入したと発表した。

 産業用人型ロボットが導入されたのは、形や材質の異なる複数のパーツを作業者1人と人型ロボット2台で組み立て、最終製品に仕上げる工程。人型ロボットは、従来の産業用ロボットでは自動化が困難であった工程を担当する。一方で、作業者は品質を守るために微細なキズなど人間でなければ発見することが困難な検品作業に専念する。

 同社では、今回の成果をさらに発展させてより作業者の負荷を低減した効率的なモノづくりを実現し、将来的にはAI(人工知能)技術を取りたより高い次元で作業が共有できるような技術革新を目指すとしている。