イーピンをツモった岡本夏美
 - (C)2017花崎圭司・大崎充/竹書房/『aki』製作委員会

写真拡大

 麻雀界で知らぬ者はいない女流プロ姉妹「二階堂姉妹」の1人・二階堂亜樹が原案を務めたコミックス「aki」が『女流闘牌伝 aki[アキ]』のタイトルで実写映画化されることが明らかになった。桐谷美玲や広瀬すずらを輩出した雑誌「Seventeen」の専属モデルを務め、「ワイドナショー」(フジテレビ系)でワイドナ高校生として活躍する岡本夏美が主人公のアキを演じる。

 「卓上の舞姫」の異名を持つ亜樹は、人気・実力を兼ね備えた女流麻雀プロ。実家が雀荘だったため幼い頃から麻雀に親しみ、プロデビュー後は「最年少女子プロ」のキャッチフレーズとそのルックスで脚光を浴びた。これまで数々の麻雀大会で“雀力の強さ”を見せつけ、競技麻雀界のトップを走り続けている。

 そんな亜樹の「家出、中卒、親の離婚、倒産、一家離散」という知られざる過去を描いたマンガを基にした本作は、15歳の少女アキが「本物の人生」そして「本物の麻雀」を目指して突き進む様を描いた麻雀青春録。ボストンバッグひとつでやってきた大都会・東京の厳しさに打ちひしがれていたアキは、少女雀士のひまわり、そして「ミスター麻雀」こと小島武夫と出会うことで、その「人生」と「麻雀」を大きく変えていくこととなる……。

 卓上では常にクールな亜樹だが、今回の映画化については「正直とても驚きました」と驚きを隠さない。「10代の頃にはまさかそんなことが自分の人生にあるなんて露ほども思っていなかったかと。人生って本当になにがあるかわからないものです」と勝負師らしい言葉でコメントし、「まだまだ道半ばですが、そんな半生を物語として、二階堂亜樹に興味がある方はもちろん、無い方にも是非観ていただきたいと思います」と呼びかけている。

 本作のメガホンは、多摩美術大学の卒業制作『雲の屑』が第27回東京学生映画祭実写部門のグランプリと観客賞を受賞した中村祐太郎が取る。「麻雀の素晴らしさが少しでも伝わる作品になるよう、一同頑張っていきます!」と気合いを見せる中村監督から「爆発でした」と評されたアキ役の岡本は、「アキちゃんの感情に寄り添って、表現できたらいいなと思います」と意気込みを語っている。(編集部・海江田宗)

映画『女流闘牌伝 aki[アキ]』は2017年夏に公開