スポーツからビジネスまで幅広く使える

写真拡大

GPS機器やフィットネス機器などを手がけるガーミンジャパン(横浜市)は、GPS内蔵スマートウォッチ「fenix(フェニックス)5」3モデルを2017年3月27日から順次発売する。

ひと回り小さな文字盤で女性にもマッチ「fenix 5s」など3モデル

いずれも工具不要で脱着しやすい仕様のベルト「QuickFit」を採用。カラーと素材のバリエーションが豊富で、トレーニングウェアからビジネスシーンなど幅広いスタイルに合わせたコーディネートを楽しめる。

光学式心拍計「Elevate2」を新搭載。低温化や皮膚の状態に左右されにくく、従来モデルと比べ30%精度が向上したほか、センサーの突起部を薄くすることで装着感をアップし、外した際の装着痕が残りにくくなったという。ディスプレイの視認性を高めた新ユーザー・インターフェイスを採用する。100メートル完全防水を施す。

ラインアップと価格(税別)は、文字盤のサイズをひと回り小さくし、女性がより使いやすい仕様の「fenix 5s」が6万4800円。Wi-Fi対応の「fenix5 Sapphire」は7万4800円。登山地形図と詳細道路地図をプレインストールした「fenix5x Sapphire」は4月27日発売、9万9800円。