よく「友達の結婚式で出会って意気投合……」なんてカップルの話を聞くものの、実際に参加してみると案外新郎側の男性と話す機会って少ないですよね。気になる人がいてもどうやって恋につなげればいいのか悩んでしまいます。

そこで今回は、そんな時に知っておくと便利な、友達の結婚式での“恋の芽生えさせ方”をご紹介します!


1. 余興やスピーチは率先して


まず、友達に余興やスピーチを頼まれたら、尻込みをせず率先して引き受けるようにしましょう。結婚式やパーティーは全部で100名ほどの人数が集まることも多く、前に立つことがなければ人の印象に残ることは難しいもの。
もちろん、主役よりも目立ってしまうのはマナー違反ですが、余興やスピーチなら問題ありません。余興やスピーチでその場を感動させたり盛り上げることができれば、その日は直接話すことがなかった人からも、「あの子紹介して」なんて新郎新婦を通して連絡が来ることが多くなります。

また、出席者全員と顔を合わすことのできる「受付」係も、任されることがあれば気合を入れていきましょう!

号泣はドン引きされる?
余興やスピーチなど、人前に立っているのに感極まって泣いてしまうこともあると思います。でも大丈夫。それだけ友達思いの子なんだということが伝わるので、悪い印象は与えません。涙腺が弱いから人前には立ちたくない……という人も、勇気を出してみてくださいね!

2. 同じタイミングで席を立つ


もし結婚式の最中に気になる人ができたら、その人が席を立ったタイミングを見計らって自分も席を立ちましょう。かっちりとした結婚式の場合はなかなか席を立つタイミングはありませんが、新郎新婦との記念撮影やケーキ入刀の時など、要所要所で彼の近くの場所を確保できると、存在を知ってもらえるかも!

また、お手洗いも絶好のタイミング。会場の外は会場内よりも人が少ないので、話しかけるチャンスでもあるんです。お手洗いの場所を聞いてみたり、並んでいる時に話しかけられたり、何かと絡むことができるかもしれません。

「写真、撮りましょうか?」が使える!
結婚式で一番使えるのは「写真、撮りましょうか?」というセリフ。専門のカメラマンさんがいる場合もありますが、自分のスマホに残したいという人も多いはずです。積極的に、「写真、撮りましょうか?」と聞いてみましょう。写真を撮る際には必ずこちらを見るので、確実に気になる彼の印象に残る、かなり有効な手段です♡

3. フリードリンクやデザートビュッフェでさりげない気遣いを



会場によっては、フリードリンクでセルフサービスのところも。少し面倒くさいと思いがちなセルフサービスですが、実は恋が生まれるチャンスがたっぷり! バーカウンターで「それ、何飲んでるんですか?」と話しかけるところから始まり、新郎との関係を聞いたりして話を膨らませることができます。

また、最近はデザートビュッフェができる結婚式も。お皿を渡してあげる、デザートを取ってあげるなど、さりげない気遣いで自分の存在をアピールしちゃいましょう!

かわいいー♡ の連発には注意
気になる彼の気を引きたいからといって、大きな声で「これかわいいー♡」とはしゃぎすぎるのは注意が必要。デザートや花嫁の衣装などに「かわいいー♡」と言っている女子を「かわいい」と思う人もいますが、中には「頭が悪そう」「うるさい」といった悪い印象を与えてしまうかも……。大きな声ではしゃぐよりは、近くに寄って気になる彼に気遣いを見せる方が何倍も確実に好印象を与えられるでしょう。

4. 二次会ではめいっぱい絡む


友達だけで開く二次会は、お酒もだいぶ入ってきていたりして雰囲気も和やかになります。新郎新婦両方の友人が入り乱れて話せる場も多く、一次会で気になる彼がいればめいっぱい絡んでみましょう。ゲームなどの催し物があれば積極的に参加し、みんなの注目を集めるのも一つの手ですね。

彼の動きを観察して
一次会から一緒にいれば、にぎやかな人・おとなしい人などの性格がだんだんわかってくるはずです。もし、端っこの方でおとなしそうにみんなを見守っている人であれば、自分もそうするといいでしょう。

ただ、おとなしいもの同士がただおとなしくしているだけでは何も発展しません。これも、ドリンクや食事を取りに行くタイミングなどで勇気を出して話しかけてみてくださいね♡



結婚式やパーティー中はどうしても話しかけられなかった! という人は、新郎新婦に相談して気になる彼の連絡先を聞くこともできます。でもそんな時、何らかの方法で彼の印象に残っていると、スムーズに話が進みますよ。ぜひ試してみてくださいね!
(彩香)