メインスタンド側のコーナーの位置が明らかに狭まっていたが、日本の勝利に影響はなかった。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 これぞ、アウェーの洗礼か――。
 
 写真を見ると、メインスタンド側のタッチラインが狭められているのが分かる。本誌カメラマンの印象によると、前半の原口は窮屈そうにプレーしていたとのことだ。
 
 もっとも、日本のプレー感覚を鈍らせる狙いだったとしても、条件はUAEも一緒であり、意図的とは考えにくいか。テレビカメラの導線や、コーチボックス、ウォーミングアップのスペース確保のためという見方もできる。
 
 いずれにせよ、ピッチの大きさや厳しいアウェーの環境にも動じず、ハリルジャパンは久保と今野のゴールで、前回対戦の借りを返してみせた。
 
【W杯予選 UAE0-2日本 Photo 】久保が先制ゴール!後半には今野が追加点!