歌手のmisonoが、一部で出回っていた少年隊の錦織一清との“極秘結婚”説に触れ、「自分が騒然でした(笑)」などとキッパリ否定した。

 23日に自身のブログを更新したmisono。歌手の小林幸子が、自身とHighsidEのドラム・Nosukeの交際を応援していることを綴ったブログに触れ、小林に感激すると同時に、そのことがネットニュースになったことを報告。

 ところが、「珍しく“良い記事”がアップされてるのに…何故か“別の話題”でも、お騒がせしてるようです(笑)」と綴り、自身にまつわる噂について触れ、misonoは「Nosukeと結婚するので“極秘結婚”は、してません(笑)」とキッパリと否定するコメントを出した。

 一部のネットニュースでは、今年の1月ごろから錦織の情報が記載された、インターネット百科事典「Wikipedia」内に、錦織がmisonoと結婚しているとたびたび書き込まれたことに触れ、“極秘結婚”説を取り上げていた。

 misonoは「『misonoの名が飛び交い騒然?!』とありますが…自分が騒然でした(笑)」とニュース記事の見出しを引用しながら、自身が最も驚いたことを伝える。

 そして、「こんな誤報もあったので『おおやけになってしまった事も、初めて“堂々と付き合えてる”事も、逆に良かった』です!」と締めくくり、笑い話にしながら噂を一蹴している。

 misonoは18日に放送されたTOKYO MX『音ボケPOPS』のなかで、Nosukeと結婚を前提に同棲していることを明かしている。