GACKT

 ミュージシャンのGACKTが、左膝の前十字靭帯を断裂していたことを明かした。

 22日に自身のブログを更新したGACKTは、以前から調子の悪かった左ひざの状態を確認するため、MRI検査を受けたことを報告。

 昨年8月に左ひざを怪我し、「少し良くなるまで様子を見ようと安静にしていたのだが一向に良くなる気配がない」との状態が続いたといい、膝専門の医師の診断の結果、『前十字靭帯断裂』であることが判明したという。

 GACKTは「正直 この言葉の響きは あまり心地の良いものではなかった」と率直な心境を打ち明ける。さらに、「『こんな状態で痛くなかったんですか!?』と、秘書が横で騒いだが 正直痛みに鈍いボクはどれぐらいが痛いのかが 全く理解できていない」と綴った。

 膝周りの筋肉が発達していることで、軟骨が削がれたりの損傷はないと医師から説明を受けたGACKT。『膝の使い方が上手なんでしょうねぇ』とも医師から言われたが、「このタイミングでの医師の言葉も 響いてこない」とし、医師からは自然回復しないことも告げられたという。

 そうした説明を受けたうえで、GACKTは「まあ ここまで話を聞いた時点で一言やっと本音の言葉が口から溢れた。『ま、いっかぁ〜』」と独特の感覚で本来であれば重傷なはずの怪我と向き合い、「手術はタイミングを見てやればいい。それよりも今は鍛えられるところを鍛えよう。靭帯の一本ぐらい…と思っておこう」と受け止めた。

 そして、GACKTは最後に「人生はハプニングがあるからこそ面白い」とのポジティブなコメントで締め括っている。