水戸ご当地アイドル(仮)のリーダー・りまが3月26日にグループを卒業する

写真拡大

水戸ご当地アイドル(仮)のリーダー・りまが3月26日、茨城・水戸のVOICEで行われる「水戸ご当地ちゃん! LIVE〜りま卒業式〜」をもってグループを卒業する。

【写真を見る】りまちゃん、黄門さまとツーショットチェキ?

'14年に候補生としてグループに加入したりまは、11月に正規メンバーに昇格。'15年にはリーダーに就任し、茨城県内での地域イベントや全国でのアイドルコンテストなどでグループを牽引してきた。

今回、卒業を目前に控えたりまに、今の気持ちや将来のこと、さらにグループの今後などについて話してもらった。

■ 卒業はやっぱり寂しい?

――卒業まであとわずかですが、今はどんな心境ですか?

まだ、あまり実感が沸かないっていうのもあるし、でも夜になるといろいろ考えて実感が沸いたりして、1日の中で情緒が不安定になりますね。ふと思い出して、「あぁ、そういえば」って。

――やはり、グループを離れるのは寂しいですよね。

すごい寂しいです。でもその反面、卒業ライブを絶対成功させたいっていう気持ちもあります。今までやってきて「ファンの人にできる恩返しって何だろう?」って考えた時に、最高の卒業ライブを見せることが1番の恩返しかなって思うので。卒業ライブも自分の中では構想が出来上がってて、絶対楽しくなるっていう確信が持ててきてますね。楽しいライブになるなって思って、楽しみになったり。なんか複雑な感じですね。寂しかったり、卒業ライブが待ち遠しかったり。

■ 卒業ライブの展望を語る

――卒業ライブではどんな事をしようと思っていますか?

やっぱり、最後は笑って終わらせたいなっていうのもあるんですけど、感動できるような事もしたいので、涙あり…私は泣かないですけど、みんなを泣かせられるような、そういう事も取り入れたり。あと、メンバー1人ずつとユニットを組んで、メンバーとの思い出とかをファンの人に伝えたりできたらいいなって思ってます。

――手紙を読んだりするわけですね。

卒業のあいさつ以外に、ソロも歌わせていただくんですけど、実は唯一、ソロで何を歌うかがまだ決まってなくって。今もまだ悩んでます。

――好きなグループの歌を歌うんですか?

そうなんです。アイドルの曲にするか、全然関係ないアーティスト…いきものがかりさんとか、いろいろ悩んでます。

■ 卒業の衣装もお母さん作?

――りまさんの卒業ライブの衣装も、お母さんが作ってくれるんですか?

実はもう作り始めてます。卒業にふさわしい、ずっと着たいなって思ってたのを作ってもらってます。

――どんな衣装ですか?

抽象的な言い方をすると、卒業っぽくもあり、スタートっぽくもあるっていう感じですね。当日を楽しみにしててほしいです。

■ 卒業の理由を明かす

――改めて、卒業する理由をお聞きしてもいいですか?

高校を卒業して、進学することになって、自分の夢に向けてこれからもっと忙しくなるから、両立できないと思ったんです。候補生として入ってから3月でちょうど3年になるので、どっちか中途半端になるんだったら、けじめとしてそこで卒業するのが1番いいかなって思いました。

――その3年間を少し振り返ってみたいのですが、まず水戸ご当地アイドル(仮)に入った理由を教えてください。

友達に水戸ご当地を好きな子がいて、私も水戸ご当地のことを知りました。それで、中学校を卒業後の春休みに、友達から「今、候補生を募集してるから、応募してみたら?」って言われて、そこから水戸ご当地のことを調べて。地域のために活動してることとかを知って、私もずっと茨城に住んでて地元が大好きだったし、歌ったりすることも好きだったし、高校生から新しい事を始めたいって思ってたので、いろいろ合わさって「じゃあ、やってみよう!」と思って応募して、水戸ご当地に入ることになりました。

■ 楽しかった事、大変だった事とは?

――3年間活動してきて楽しかった事、大変だった事は何ですか?

大変だった事は、やっぱり夏ですかね。楽しかった事と一緒になっちゃうんですけど、夏のイベントは暑くて、元々低血圧・低体温で夏の暑さに弱いし、体力もそんなにないから厳しかったですね。でも、「水戸黄門まつり」とかは10ステージくらいあって辛かった半面、楽しかったっていうのもあります。辛かった事と楽しかった事は一緒ですね。

――「水戸黄門まつり」はずっと太陽の下ですもんね。

しかも、'16年はパレードもあって、手を振ってもらったりして嬉しかったし、楽しかったんですけど、暑さが大変でしたね。あと、夏は大会とかも多いので。大会では、ファンの皆さんに投票してもらって一緒に頑張るというものが多かったので、すごい楽しかったし、ファンの人が協力してくれて上の方に行けたのも嬉しかったんですけど、だからこそ優勝できなかったことがすごい今まで以上に悔しかったですね。

■ 大舞台を振り返る

――全国から人が集まる大会の舞台にも立ちましたが、普段の水戸での活動と違いはありますか?

大会とかは、予選の方がすっごい緊張しますね。

――知らない人もいっぱい来て、完全にアウェーになりますよね。

そういう雰囲気は、すっごい楽しいんですよ。大きい舞台だと、知らない人ばっかりだから何やってもこれが最後だっていう気持ちで、むしろはっちゃけようと思って。大舞台の方が緊張しないですね。

【水戸ご当地アイドル(仮)りまちゃん、アイドルとしての3年間を振り返る へ続く。同記事は3月25日(土)朝7時配信予定】