日本代表、UAEを下す【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 2-0 UAE  2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は現地時間23日、ロシアW杯アジア最終予選でUAEと対戦し、2-0で勝利した。

UAEのマハディ・アリ・ハッサン監督は試合後、「かなりの時間をコントロールし、前半には多くのチャンスを作ったが決められなかった。後半もコントロールしたが、やはり日本から点を取れなかった」と、主導権を握りながら敗れたことを悔やんだ。

 また、前回対戦時と今回の日本の違いについて問われたアリ監督はこう話している。

「今日の日本は戦術を変えていて、初戦と同じ戦い方はしていなかったと思う。初戦も良い試合だったと思うが、今日は違うチームだった。彼らは2つのチャンスからゴールを決めて、望み通りの結果を得られたと思う」

またこの日のUAEはベストメンバーではなく、アリ監督曰く「キープレーヤー6人を欠いており難しい状況だった」。さらに「もうひとつの問題は6ヶ月前からフレンドリーマッチがなかった。この試合の前にもフレンドリーマッチはなかった。練習の時間は7日間だけで、フルメンバーでの練習はできなかった」と連係熟成のための時間がなかったと主張した。

 勝ち点を伸ばすことができず、W杯出場は厳しい状況となった。それでも「我々にはまた次の試合がある。予選突破のチャンスを失ったわけではない。残りの試合に全て勝つ必要があると思うが、目標を達成するためにハードワークしなければならない」と前を向いた。

(取材:植田路生、文・構成:編集部)

text by 編集部