長友佑都(撮影:佐野美樹/PICSPORT)

写真拡大 (全10枚)

23日のUAE戦で長友佑都はフル出場し無失点試合に貢献した。左SBの長友が対峙したのはUAEの攻撃の中心、オマル・アブドゥルラフマン。長友はオマルを抑えきっただけではなく、調子すら崩させていた。

「僕の役割はオマルを抑えるということで、それは練習でもミーティングでも監督から口酸っぱく言われていました。自分の攻撃の回数を落として彼にプレーをやらせないということを心掛けていました」

「いいタイミングで上がったときは、相手にとって嫌なクロスを上げたいと思っていて、それはインテルで試合に出られないときもずっと練習していました。ですが今日はかなり攻撃は控えていました」

「オマルとはプレーだけでなく、口での駆け引きもやってて。それはすごく嫌がってましたね。セリエAではよくやるんですよ。でも汚い言葉じゃないです。ただ、僕は彼とずっと勝負したかったですね」

後半立ち上がり、UAEは両サイドを使って攻め込んできた。パスが合っていれば、あるいはシュートが確実ならば日本は同点にされてもおかしくなかった。その時間帯をどう感じていたのだろうか。

「人数をかけて守れていたと思います。それより、一番危険な場面というのは、前半特にあったのですが、自分たちがボールを回しているときミスが起きて、そこからカウンターを受けていました。前半、GKと1対1という場面を作られてしまったのを見て、僕は今日はもうちょっとスペースを埋めて、オマルを抑えなければいけないと思いました」

では、具体的にはどんな戦い方を目指したのだろう。長友の言葉の端々に、周到に用意された戦い方だったことがにじみ出てきた。

「監督からは右が攻撃的な布陣で、左はオマル対策で守備的な布陣を敷くといわれていました。オマルから攻撃はすべて作られているので、それを監督はミーティングでもずっと言っていましたね」

「今回はかなり戦術的だったと思います。特に僕たちの左サイドはオマルがいて、攻撃の8割、9割は彼が作り出している、彼がすべてスイッチを入れているということで。今日、何時間もミーティングしましたし、僕たちもすごく議論をしました」

「オマルにはガツガツ1対1を最初からやっていたので、嫌がっている感じはしていました。そして彼が僕を避けて右に行ってくれると、左利きの選手ですからあまり怖い場面を作り得ないんです。彼のストロングポイントは僕のサイドからドリブルで中に入ってきてスルーパスを出すというプレーなので」

「今回は結構ガッツリはまったんじゃないかと思います。みんな集中して監督の言った戦術を実行していました」

話し始めたとき、長友は腕を組んでいた。だが話が熱を帯びてくると、腕をほどいて胸を張った。そして確かにそうやって誇らしく感じられるだろう戦いぶりを、長友は見せてくれていた。

【日本蹴球合同会社/森雅史】

▼ 長友佑都

(撮影:佐野美樹/PICSPORT)


▼ 長友佑都

(撮影:佐野美樹/PICSPORT)


岡崎慎司

(撮影:佐野美樹/PICSPORT)


▼ 岡崎慎司

(撮影:佐野美樹/PICSPORT)


吉田麻也

(撮影:佐野美樹/PICSPORT)


▼ 吉田麻也,今野泰幸

(撮影:佐野美樹/PICSPORT)


▼ 久保裕也

(撮影:佐野美樹/PICSPORT)


▼ 久保裕也

(撮影:佐野美樹/PICSPORT)


▼ 久保の先制ゴールを喜びあった

(撮影:佐野美樹/PICSPORT)