フル出場した山口蛍/(C)新井賢一

写真拡大

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)出場をかけたアジア最終予選の第6戦が、3月23日(木)に行われた。

【写真を見る】本田圭佑と競り合うアブドゥルラフマン/(C)新井賢一

6大会連続6回目の本大会出場を目指す日本代表は、アウェーでUAE代表と激突。久保裕也と今野泰幸のゴールで、2-0の快勝を収めた。

昨年9月のホーム戦で敗れた因縁の相手に、リベンジを果たした形。完封勝利は、相手のキーマンであるオマル・アブドゥルラフマンへの対策が功を奏した。

日本代表は、山口蛍を中盤の底のアンカーで起用。「あんまり真ん中は空けずに、相手の10番(イスマイル・マタル)、21番(アブドゥルラフマン)が中に入ってきたときに、マークを見るということだった」と山口は明かす。

アブドゥルラフマン対策については、「それだけの選手。上手く対策したとしても、危険な場面は何度か作られそうになった。しっかり対策して入ったのはよかったと思う」と、効果を語った。

ホームの試合では、自由に暴れ回れた末に敗戦。今回はしっかりと封じ込めたことで、勝利を手繰り寄せた。【ウォーカープラス編集部/コタニ】