ヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:田中伸弥】

写真拡大

 日本代表は現地時間23日、ロシアW杯アジア最終予選でUAEと対戦し、2-0で勝利した。

 試合後、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「日本代表の非常に美しい勝利だった。しっかりコントロールし、戦術のアドバイスをリスペクトしてくれた」と話し、「2、3回少し危険な場面があったが、高いレベルを見せた。祝福したい」と続けた。

 そして、「選手のことを誇りに思いますし、本当にいいプレーをしてくれた。選手たちにはブラボーと言いたい」と最大級の賛辞を送った。

 不動のキャプテンだった長谷部誠を欠く中、指揮官がスタメンに抜擢したのは今野泰幸だった。4-3-3のインサイドハーフでプレーしたベテランは攻守に持ち味を発揮し、勝利を手繰り寄せる2点目も記録した。

「今野は素晴らしい試合をした。ガンバ(大阪)での最近の3試合を追跡し、そこで私にアイディアが沸いた」と、所属クラブでの今野のパフォーマンスを見て、今回の起用法に至ったという。そして、「ほぼ完璧な試合をしてくれた。ボールを奪いながら、しかも点を取った」とハリルホジッチ監督が言うように、今野は出色の出来だった。「本当に私の期待に応えてくれた。素晴らしいクオリティを見せてくれた」と指揮官は絶賛している。

 相手エースのオマル対策の意味合いもあったのか、という問いには「それはタクティクスです。私は把握しています(笑)」と返答し、会場の笑いを誘うなど余裕ある対応を見せた。

 アウェイでの勝利には大きな意味がある。今野を抜擢したハリルホジッチ監督の采配が光ったのは間違いない。

(取材:植田路生、文・構成:編集部)

text by 編集部