日本代表の今野泰幸【写真:田中伸弥】

写真拡大

 現地時間23日に2018年ロシアW杯アジア最終予選の試合が行われ、日本代表はアウェイでUAE代表と対戦し2-0の勝利をおさめた。この試合で先発出場を果たした今野泰幸は日本の2点目を決めている。

 試合後にインタビューに答えた今野は「難しい試合になることはわかってたんですけど、とにかく誰が得点を取ってもいいから勝ち点3を持って帰ることだけに集中してたので、それが達成できて満足しています」と、試合を振り返った。

 ゴールシーンについては「右サイドを崩してくれて、その時に元気がニアに引っ張ってくれて、ファーに走ったらすごいフリーになって、そこにピンポイントで久保が出してくれたので、まぁ奇跡っすね」とコメントしている。

 また、中盤のポジションで出場したことに関しては「ボランチというよりはインサイドハーフというポジションだったんですけど、蛍も真司も声をかけてくれて、なんとか試合を乗り切ることができました」とし、「心身ともに、精神的にも疲れました」と答えた。すぐにタイ戦が行われるが「今日はしっかり喜んで、また明日になったら考えたいと思います」と語っている。

text by 編集部